2013年09月03日

picapica(ピカピカ)(再訪)

スペイン料理つながりで、今日は奈良のスペイン料理店を。

“picapica(ピカピカ)”
(リンク先はぐるなびのページ)

お店のHPは、こちら

実はこちら、前に旦那と夜に行ったことがあるお店。
その時の記事は、ここ


今回は友達と3人で、ランチパエリアコース(2500円)を予約しておいた。(2名からで要予約)
とにかく、めちゃくちゃお得!
これで、ひとり2500円だなんて信じられません。

ウエルネス倶楽部の1階にあるので、その人たち向けなのかな・・?
1000円くらいのランチもある。

でも、わざわざ行くのならば,絶対パエリアコースを予約しましょう。


特に記載のない限り、全て3人分です

pikapika1.jpg
まずは乾杯のノンアルコールカクテル。
もちろん、ひとり分。(笑)

この写真はクリックすると大きくなります。



pikapika2.jpg
生ハム。
あ〜、サングリアが飲みたいざます。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



pikapika3.jpg
タパス盛り合わせ。
豪華です。
前の時は口に合わないものもあったけど
今回はどれもおいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



pikapika4.jpg
ピカピカサラダ。
チーズ入りでおいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



pikapika7.jpg
マッシュルームのアヒージョ。
初め、こんなにパンは食べられへんわ・・
なんて言ってたけど、結局完食。(笑)
スープに浸して食べると、止まりません。

この写真もクリックすると大きくなります。



pikapika8.jpg
魚料理。
え〜?まだあるの〜?って思わず叫んでしまう。(笑)

何の魚だったかは失念。(^^;
ソースはラタトゥイユ。

この写真もクリックすると大きくなります。



pikapika5.jpg
お待ちかね、パエリア。
数種から選べて、海の幸にしておいた。
イカスミもおいしそう・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



pikapika6.jpg
カタラーナ。
要するにはクリームブリュレ。
もちろん、ひとり1個ずつ。(これで二人分)
写真にはありませんが、コーヒーもつきます。

この写真もクリックすると大きくなります。


いやはや、お腹いっぱいです。(笑)
ものすごくコスパがよくて、味もよくて、オススメ。
posted by レイ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン料理

2011年01月23日

akordu(アコルドゥ)でウエディング

息子の結婚式はグアムで挙げたが、日本での披露宴がまだだったので、先日、“akordu(アコルドゥ)”で行った。


奈良には珍しい、オシャレでレベルの高いレストラン。
ステキな建物だし、Hanako westでも第一位になったこともあるらしい。

食事に行った時の記事は、ここここ


結論を先に言うと、ここにしてよかった。

建物はもちろんステキだし、スタッフの方の気配りも申し分なかった。
人数は40人までなので、こぢんまりとまとまり、アットホームな雰囲気で、ホテルでやるよりずっとよかったと思う。(個人的には)

お料理も披露宴なので、割とオーソドックスだった。
こちらでのウエディングを考えている方の参考になればと思い、紹介します。


akordo11.jpg
まずは一品目。
黒豆のコッシードと炙ったパンセタ。
要するには黒豆をスープ状にしたものと
炙ったパンチェッタ。

この写真はクリックすると大きくなります。



akordo12.jpg
次は、鮮魚のカルパッチョ。
グリーンタプナードと卵黄のソース
有機農法野菜サラダとキャビア添え。
目にも美しい一品。

この写真もクリックすると大きくなります。



akordo13.jpg
鰹だし汁のリゾット
年を越えた蕪とフォアグラのソテ。
ちょっと和風風味のリゾット。

この写真もクリックすると大きくなります。



akordo14.jpg
塩鱈のグリル 
スペインのトラディションサルサベルテ。
塩鱈を使うなんて珍しい〜
でもなかなかおいしかった。

この写真もクリックすると大きくなります。



akordo15.jpg
お口直し
白いサングリアのグラニサード。
泡が消えないうちに急いで食べる。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



akordo16.jpg
すだち牛のロースト
無農薬奈良野菜と軽いジュ。
いいお味だけど、ちょっと硬い。(^^;
年寄りには向かないかな・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



akordo17.jpg
幸せのお裾分け
ウエディングケーキと葛城八朔のミント風味
チョコレートバナナジェラートと少しのイチゴスープ。
非常においしかったデザート。

この写真もクリックすると大きくなります。



akordocake.jpg
ウエディングケーキというのは実はこれ。
普通だとケーキは飾りという感じだけど
これは食べられるおいしいケーキ。
これの上のイチゴをとり、クリームを塗り直してデザートに。

この写真もクリックすると大きくなります。

後、写真はないけれど、もちろんパンとコーヒー。



wedding2.jpg
会場はきれいに飾り付け。



wedding1.jpg
私のドレスが見たいとおっしゃる方があったので
一応登場。(笑)
黒とゴールドのレースのボレロ。

この写真はクリックすると大きくなります。



bi-zu184.jpg
関係ないけど(笑)、作ったアクセサリーも紹介。
ネックレスはテグスに通しただけだけど、
ピアスは結構時間がかかった。
誰も母親のアクセサリーまで見ないけど、
まあ自己満足ですね。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン料理

2010年10月22日

akordu(アコルドゥ)(再訪)

今日は、もいっちょアップします。

先ほどの続き。
その夜は、“akordu(アコルドゥ)”に、予約してあった。


実は、子どもの結婚披露パーティーを、どこかレストランでしようと思って、こちらに話を聞きに行ったというわけ。
(まだどうするか決めてはいませんが・・)

私は前にランチを食べたことがあるけど、子どもと旦那は食べたことなかったので。
一応は、料理も食べてみませんと・・

以前のランチの記事は、ここ。



ランチの時は、たいしてそう思わなかったんだけど、ディナーを食べて思ったこと。

こちらのお料理は食事を楽しむと言うより、シェフの芸術作品を鑑賞する・・という感じですかね・・・

うちの家族のように、庶民ど真ん中だと、よさがわからなかったというか・・・(^^;

旦那も子どもも『苦手やわ・・・』と・・(^^;
昼に中華を思いっきり食べたのもよくなかったな・・(^^;


誤解を招くといけませんので説明しますが。
シェフのレベルの高さは、庶民ど真ん中のうちの家族でもわかります。(笑)

でも、いろいろなものを食べ尽くして普通のものでは満足しない、ごく上の方たち向きかと・・(^^;

一皿には絵画や物語要素も含まれていて、ほほぉ〜〜!とは思うけど、それを実際味わってみておいしいかと言うと・・・???
一皿くらいならいいけど、全てがそれだと、ちょっときついです。(^^;


わかりやすく言うと、すごいハイレベルのミュージシャンがいるとする。

やっぱりきれい事では生活できないから、一般大衆向けの音楽を作っているが、それは彼の本意ではない。
でも曲が売れ、彼も有名になってきた。

それで、本来作りたかった曲を作るようになった。
それは、ミュージシャン仲間や、玄人たちには大変ウケたが、一般大衆からすると???


でもこれはあくまで、庶民ど真ん中の私の意見ですので、お許しください。(笑)


しかし、建物はすごく素敵だし、結婚パーティーの時はオーソドックスなお料理みたいなので、私はここにしたいですけどね・・・
まあ、私のパーティーではないので(笑)、子どもに任せておきますが。


さて・・・

夜は6300円と、9450円。
もちろん、6300円で。(笑)

これでも完食は無理だったので、少食の私は(笑)、お高い方だと絶対食べきれません。(^^;

グラスワインは、1000円くらいだったと思う。


akorudo01.jpg
“生まれたてのミルク”
シンクのベールに包まれた39℃のポッコンチーニ
トリュフの泡

どうしてこんなに詳しく書けるかというと、
メニューがいただけるからです。(笑)

ポッコンチーニというのは、水牛のチーズ。
それを、ゼリー状のもので包んである。

写真ではわからないが、器はボール紙の立体的なものにはめ込んであり
運ばれてきた瞬間から驚きが・・・

この写真はクリックすると大きくなります。



akorudo02.jpg
パンにつける岩塩と、オリーブオイル2種。
これだけでも、芸術性の高さがわかります。



akorudo03.jpg
パンはお代わりもできる。



akorudo04.jpg
半生の海老、あさり、亀の手
旨味と抹茶のほろ苦いインフーション、ミント風味

えぇ〜〜!?亀の手〜!?と、全員、口を揃えた。(笑)
さっぱりはしているけど、ミント味の料理って苦手かも・・?(^^;



akorudo05.jpg
オリーブの土にまみれた野菜
『郡山のアスパラガス』

堀り立てのアスパラをイメージしてあるのだろう。
忘れてしまったけど、何かをクラッシュしたもので表現してある。

旦那が、『土は、ない方がよかった』と。(^^;
私もそう思ったので、思わず苦笑・・・(^^;

この写真はクリックすると大きくなります。



akorudo06.jpg
鯖のコンフィタード
燻したポレンタと酢漬けのネギ

これが結構なボリューム。(^^;
でも鯖をこれだけの料理に仕立てるのは
やっぱり腕があるからこそ。
そうはわかっているのだけど、
やっぱり鯖はちょっとねぇ・・(^^;



akorudo07.jpg
トマトとグレープフルーツのカペリーニ
たたみ鰯と庭の大葉

さわやかな一品。
たたみ鰯の香ばしさが効いている。

でも、たたみ鰯、大葉の個性が強すぎて
全体的にバラバラのような気が・・・(^^;

そしてこの辺りからお腹が・・・(^^;



akorudo08.jpg
軽く燻した五條の豚
エッセンスクロロフィリアとはしばみオイル

これは非常においしいが、お腹がいっぱいで一口でアウト。(^^;
子どものお皿に行きました・・・(^^;



akorudo09.jpg
スペイン 羊たちのチーズ
なんか、“羊たちの沈黙”みたい・・(笑)

しかし、ワインを残しておいたらよかったな〜
どうがんばっても、後一杯は飲めないので、断念・・(^^;



akorudo10.jpg
ピスタチオクリーム 
マスカットワインとニワトコのネクタールゼラチン

ピスタチオの香りがいいデザート。



akorudo11.jpg
カカオ/スターアニス/メントール/
寄せる波、岩場と砂、潮の香りと波の音
普遍的で永遠のもの

難しい名前ですなぁ・・・(^^;
しかしこれが、一番感動した一皿。
視覚的にですが。(^^;

ミント風味のソースをテーブルで注いでくれる。
すると、砂を表したカカオが波打ち際のように広がってきて・・
思わず拍手したいような一皿でしたね。

この写真はクリックすると大きくなります。



akorudo13.jpg
小菓子。
どうがんばっても食べられなかったので、未食。(^^;



akorudo14.jpg
コーヒー。


ではでは、行って来ます。
コメントをいただいた場合、お返事が遅れますのでご了承ください。
posted by レイ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン料理

2010年03月18日

スペインバル picapica(ピカピカ)

いつもお世話になってる奈良グルメ図鑑さんで、ここ、“スペインバル picapica”のことを知り、先日行って来た。
(リンク先は、ぐるなびのページ)

奈良でスペインバルって珍しい〜
奈良もいろんなお店ができてきて、うれしいですわ。(*^^*)


お店は結構広く、天井も高いので、せせこましさがなくていい。
駐車場もあるので便利。
お店の人も感じいい。


お味は・・・

とにかく、パエリアは最高!!
でも初めてだし、いろいろ注文したので、パエリアは小で。

これが間違いでした。(^^;
パエリアは取り合いになりました。(笑)

他のが決してよくなかったというわけではないけど、口に合うものも、ちょっとそうではなかったものも・・・(^^;
でもこれは、単に私たちの口に合わなかったというだけかもしれません。

次回行くときには、大のパエリアを頼み、後、サイドメニューをいくつか・・
こういう構成でいきたいと思います。(笑)


あと、ぐるなびのクーポンをプリントアウトしていったので、生ハムがサービス。
(2人以上で予約が必要なよう)
ハモンセラーノなので、クーポンはお忘れなく。(笑)


picapica.jpg
なかなかいい雰囲気。


picapica0.jpg
クーポンでサービスの生ハム。


picapica1.jpg
大好物のサングリア。
ここのはマーマレードのようなものが
入っていたけど・・
口当たりがよく、何杯でもいけそう。(笑)


picapica2.jpg
タパス盛り合わせ(小)
いろいろなタパスを少しずつ。


picapica3.jpg
picapicaサラダ。
自家製のオイルサーディン入り。
ドレッシングは甘めで、それはいいのだが
ちょっと油っぽい。(^^;
あと個人的に、野菜のパリッと感が欲しい。


picapica4.jpg
プニュエロ(生ハム入りクリームコロッケ)
おいしい。


picapica5.jpg
タコのガリシア風。
これは、旦那も私もだめでした。(^^;


picapica6.jpg
小エビのアヒージョ。
海老がプリプリで、ニンニクが利いていて
ワインにピッタリ♪
パンがひとつしかついていないということで
あとパンを追加したけど、要らなかったかも?(^^;


picapica7.jpg
イベリコ豚のソテー。
いいお肉だからシンプルに。
下の玉ねぎも皮ごと焼いてあって、甘い〜
でもこれは、ちょっと多かったかな・・(^^;

picapica8.jpg
海の幸のパエリア。
これは文句なしにおいしい。
絶対にはずせない。(笑)


picapica9.jpg
コーヒーはもちろん2つ注文。
コーヒーなしではいられない私たち夫婦。(^^;

旦那は黒すぐり(ジュース?)を注文。
ワイングラスに入れてくれて、ワインを飲んでる雰囲気を味わえる。(笑)

私はサングリア2杯にグラスワイン1杯。
グラスワインは渋くてちょっと・・・(^^;
サングリアはおいしいです。

飲み物と料理全部で1万円ほど。
ちょっと注文し過ぎましたね。(苦笑)
posted by レイ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン料理

2010年02月07日

akordu(アコルドゥ)

これは旅行に行く前の話題ですが・・(^^;

ここ“akordu(アコルドゥ)”のことは前から知っていたが、すごく人気らしいし、かなり前から予約しておかないとだめだろうと、なかなか行けないでいた。


調べると、Hanako Westの2008年のグランプリに輝いたお店だとか・・・

なるほど・・・
奈良にはないタイプのお店だと思った。

とにかく、都会的な雰囲気。(笑)
他府県からお客さんも多いみたいだけど、納得。


お料理は、ありきたりな物はひとつもない。
しめさばとイチゴという、一見ミスマッチな料理も、食べてみると違和感ない。

お魚はポワレで、お肉はステーキで・・という料理に飽き飽きしている人にはオススメ。
反対に、オーソドックスな物を好む人にはあまり馴染めないかもしれない。


素敵な空間で斬新なお料理。
やはりお値段もそれなりになります。(^^;

なので、お得感はない。
でもこのシェフのお料理なら、お高いコースも食べてみたい。
そんな気持ちになるお店でした。


今回は最初なので、2800円のランチコースで。
(予約しておけば6000円〜のディナーコースも食べられる)


akordu.jpg
煉瓦造りの素敵なお店。
富雄の駅前なので、他府県の人も行きやすい。


akordu0.jpg
中も素敵。
私たちはテラス席で。


akordu1.jpg
オードブルはしめさばとイチゴ。
パッと見た目はケーキのような感じ。(笑)
しめさばと言っても、あまり酢が利いていないので
イチゴといっしょに食べても違和感ない。


akordu2.jpg
イカのお刺身とイカスミのリゾット。
泡立てたソース。


akordu3.jpg
お肉料理は鴨。
ポトフのような感じであっさり。


akordu4.jpg
全てがふわふわなデザート。
口の中で溶けていく。


akordu5.jpg
コーヒー。


akordu6.jpg
小菓子。


この時は体調が悪かったので、これで十分だったけど、普通だったら物足りないかも・・?(^^;
やっぱりディナーがいいんでしょうね。

人気のお店なので、予約は必須だし、早い目の予約が必要かも・・?
posted by レイ at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン料理

2007年03月04日

PASEO(パセオ)

今日紹介する“PASEO(パセオ)”は、奈良で唯一のスペイン料理のお店である。
(リンク先はぐるなびのページ)
前からチェックはしていたが、今回やっと行けた。

お目当ては、パエリア。
予約は必要だが、昼でも食べられるということで、念願かなって行ってきた。(笑)
お昼はコースになっていて、2000円。
ふたりからで、予約が必要です。


paeria.jpg
お店の外観。

paeria0.jpg
スペインの音楽がかかっていて、
雰囲気はスペイン!
中庭もあって、いい季節の時は、
そこでも食べれるのかな?

paeria1.jpg
まずはサラダ。

paeria2.jpg
スープ。
おいしい。

paeria3.jpg
いよいよ。パエリア!!
めちゃ、おいしい〜〜
非常に満足です。(*^^*)
写真にはないが、
コーヒーがつく。


夜だと単品で1700円。
ランチタイムだと、サラダ、スープ、コーヒーがついて2000円なので、かなりお得だと思う。
大阪まで行かなくても、奈良でおいしいパエリアが食べれるやん〜!と、うれしかった。
もちろん、また行きます。(笑)
posted by レイ at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン料理