2017年07月19日

茂庵(もあん)(京都・吉田山)


無事、お墓参りした後目指すのは、“茂庵(もあん)”

ここは吉田山のてっぺんにあって、徒歩でしか行けないカフェ。
車で行ったとしても、下の駐車場に置いて、徒歩で登らなくてはならない。

お墓は吉田山の近くなので、そこから歩き、20分ほど(いや・・もっとかも)かかったかな?
もちろん、上りなのでしんどかったけど、でもまあ、さわやかな気候だったから、まだマシ。
(真夏だったら大変だと思う。(^^;)

で、途中では誰にも会わなかったのに、カフェに着いてみたら、かなりのウェイティング!
ひぇ〜〜\(◎o◎)/!

前にテレビでもやってたし、その影響かも。(^^;

驚いたのは、中国人らしき人も多かったこと。
皆さん、調べて来られるのね・・

私達が行ったのは1時台だったんだけど、遅いランチを食べようと思っている人も多くて、一番混んでいた時間帯かもしれない。(^^;
3時か4時台くらいだったら、もう少し空いているかも?

驚いたのは、カフェなのに、携帯で空席情報が見られること。(予約はできない)
人気のほどがわかります。

2〜30分待ったかなぁ・・・
呼んでもらえて中に入ると、中にもウェイティングの場所があり。
暑いときや寒いときは、そこで待つといいですね。

お店は二階になる。
大正時代に建てられた広大な茶苑だそうだ。
現在残っているのが2つの茶室で、そこでお茶会も開かれるらしい。

この雰囲気とロケーションが魅力。
木々に囲まれているから、都会とは思えない気持ちよさ。

ケーキセットを頼んだんだけど(鉄板焼きのお店ではデザートなしだったので)まあ、お味は普通かな?
お値段はひとり1000円弱。



IMG_3910.jpg
外観。
着いたときは、この前で何組も待っていた。(^^;



IMG_3912.jpg
窓際に座ると、景色がよさそう。



IMG_3918.jpg
私はレモンのロールケーキ。
普通においしい。



IMG_3919.jpg
旦那はシフォンケーキ。



IMG_3920.jpg
登ってくるのに喉が渇いちゃったので、アイスコーヒーで。


神楽岡コースで行く場合は看板があるみたいだけど、その他のコースで行く場合は、HPの地図をしっかり見るか、プリントアウトしていった方がいいです。

posted by レイ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2017年07月18日

鉄板焼 燔(てっぱんやき ひもろぎ)(京都・京都ブライアンホテル内)


5月の終わりくらいのことになります。(^^;

私の父のお墓参りに、京都へ行こうと思い計画したが、お昼ご飯をどこで食べるか・・ということを、まず決めなくては・・(笑)
お墓参りか昼食か、どっちが目的かよくわかりませんが・・(苦笑)


そんな時、一休.comのメルマガで、“京都ブライトンホテルの鉄板焼き 燔”のランチが40%引き!

おお〜、これはいいやん!と、早速予約した。

でも後でよーく見てみると、2400円もするシャンパン付きで、料理+シャンパンの値段から40%offという事実!(笑)
だいたい、2400円もするシャンパン、飲まへんし。(^^;

でもまあ、4800円のコースがシャンパン付きで4320円だったら悪くないな・・と思い、納得しましたが。(笑)


メニューを見てみると、大好物のフォアグラとオマール海老が、プラス料金で選べる。
フォアグラは500円プラスで、オマール海老は1000円プラス。

これってかなりお安いと思う。
フォアグラにグレードアップしたら、だいたいは1000円以上アップになるし、1000円プラスでオマール海老ってあり得ない!@@

もちろん両方グレードアップして、なんか豪勢すぎる昼食になっちゃいました。(^^;
『お墓参りとランチと、どっちが目的やねん!』って、お墓の中の父に怒られそう・・・(^^;


さてさて、先にランチして、ホテルだからタクシーも呼んでもらいやすいし、お墓にも行きやすい。
ということで、先にお昼ご飯に向かいます。


ここブライトンホテルは、実家の父母が好きだったところで、京都に行くと、よく食べに行っていた。
こぢんまりしたホテルだけど、食事処はおいしいらしい。

場所は少し不便で、地下鉄の烏丸と今出川の間。
御池からシャトルバスがあるみたいだけど、今回は歩いて行くことに・・

今出川から10分くらいかな?

ホテルに着いて、館内地図を見て探すんだけど、よくわからない。(^^;
するとホテルの人が来てくれて案内してくれたんだけど、和食処の中にあったんだ・・!
ウロウロしちゃいました。(^^;


ホテルの鉄板焼きだから、もちろんきれいだし、シェフがついてくれるし、優雅過ぎるひととき・・(笑)
やっぱりホテルはいいですね〜

お味はもちろんよかった!
お腹いっぱい!
でも、完食。(笑)

今、見てみると、このプランはないようで、またセールの時を狙って、行きたいと思います。(笑)



IMG_3889.jpg
和食処(蛍)の入り口)



IMG_3890.jpg
ホテルはやっぱりきれいですね〜



IMG_3892.jpg
まずは2400円もするシャンパン(しつこい(笑))
お味はよくわからないなぁ・・・(^^;



IMG_3893.jpg
お肉につける、タレ各種。



IMG_3894.jpg
オードブル3種。
スモークサーモン、ヒラメのお刺身、ローストビーフ。
どれもとっても美味。
手前のは揚げたニンニク。
これがとってもおいしくて、お代わりしちゃいました。



IMG_3896.jpg
お待ちかね、フォアグラ!
フォアグラはソテーでバルサミコ酢が一番だと思う。
ほんとおいしい。



IMG_3897.jpg
お次はオマール海老。
超おいしい〜
文句なし。(*^^*)



IMG_3898.jpg
お肉をフランベしているところ。
メインのお肉は、グレードアップなしで。
でも国産牛。
黒毛和牛にしたら、なんと3000円アップ。@@
それはいくらなんでもねぇ・・・(^^;



IMG_3899.jpg
その間にサラダがきます。
白いのは豆腐。
塩昆布ってサラダにあいますねぇ・・・



IMG_3900.jpg
お肉は食パンの上に・・・
食パンは後で使うので、置いておいてくださいと言われる。
まあ、お肉のお味は普通だけど、これで十分です。



IMG_3901.jpg
先ほどの食パンが、こんなものに変身。
中には炒めたもやしが入っています。
アイデアですね〜



IMG_3902.jpg
〆はご飯と赤だし。
デザートセットも950円でつけられるけど、今回はパス。


フォアグラとオマール海老もついて、しかもシャンパン付き。
それで6000円弱は、やっぱりお得です。

posted by レイ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2017年05月02日

Sweets Cafe KYOTO KEIZO(スィーツカフェ 京都ケイゾー)(京都・二条駅)


京都に花見に行った続きですが・・・

中華を食べた後は、どこに行こうかと相談して、久しぶりで二条城に行くことに・・・

もちろん最初からわかっていたことだけど、すごい人でした。

それに30年ぶりくらいなのですっかり忘れていたけど、思いの外広い!
こんなに広かったっけ・・・(^^;


お庭を散策した後は、どこかでお茶したい。

で、スマホで検索すると、“Sweets Cafe KYOTO KEIZO(スィーツカフェ 京都ケイゾー)”がヒット。

ここは10分が賞味期限のモンブランを紹介していたのを、テレビで観たなぁ・・・

混んでるかもしれないけど、すごい行列だったらやめることにして、とにかく行ってみることにする。

二条城からだと、結構ありましたね〜
15分以上歩いたかも。(^^;

到着すると、待っているのは一組だけ。
なので、待つことにする。

実はこれ、非常にラッキーな一瞬に来たようです。

というのも、帰る時には、長蛇の列!@@
さすが、テレビで紹介されるとすごいです。


さて、お店は古い町家を改造したお店で、なんかオシャレな雰囲気。
でもよーく見てみると、そんなにお金はかけてないなぁ・・っと。(笑)


注文したのは、コーヒー2つともちろんモンブラン(お腹が空いていないのでひとつ)
モンブランは700円だったかなぁ・・

さてさて、お目当てのモンブランのお味は・・・


あれ・・・?

これ、絶対どこかで食べたことある!!

中にメレンゲが入っていて、サクサク・・・
もちろんおいしいけど、食べたことあるぞ〜、こういうモンブラン!

という感想でございました・・(笑)



IMG_3602.jpg
古い町家をリノベーション。



IMG_3603.jpg
オシャレな雰囲気。



IMG_3604.jpg
コーヒーは濃いめ。



IMG_3605.jpg
賞味期限10分のモンブラン。
おいしいです。
が、食べたことある味。(笑)


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


ここから、二条城の写真も少し・・・

IMG_3579.jpg
さすが、入り口から豪華です・



IMG_3596.jpg
きれいに手入れされていて、気持ちいい。




nijyou.jpg
桜も満開。



posted by レイ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

創作中華 一之船入(いちのふないり)(京都・中京区)


桜が満開の頃、お花見はどこに行こうかと相談したら、旦那がテレビで観た、山科の疎水に行きたいと言う。
なんでも、ボランティアの人が植えた菜の花と桜の共演が、とっても美しいらしい・・・

お昼は京都の街中で食べたいので、早くに家を出て、まずは山科に向かう。
なるほど〜、とても美しかったです。揺れるハート

で、疎水に沿って、ウォーキングでもしようと歩いていたら、旦那がトイレに行きたいと言う。(^^;

そんなもん、こんなところにありませんがな・・(^^;

仕方ないから疎水から外れて、街の方に行く。

この疎水というのがかなり高い所にあって、すごい急な坂道を、早歩きで(笑)がんばったものだから、もう足に身が入って身が入って・・・(^^;

まあそのおかげで、無事、コンビニでトイレを借りることができました。(笑)


さて・・・

もう、坂を上がる元気はないし、地下鉄に乗って、どこか違う場所を見てから行こうということになる。
で、ふらっと蹴上で降りた。

そうそう・・・

ここには、インクラインがあるんだった〜

もう満開できれいだったけど、さすがにものすごい人!@@
しかも、外人率し。
日本じゃないみたい。(笑)


_1010520.jpg
山科の疎水。
桜に菜の花って映えますね〜



IMG_3534.jpg
桜も満開。



_1010553.jpg
インクラインもきれいだけど、人が多すぎ。(^^;



さてさて、そろそろお待ちかねの昼食場所に向かいますか・・・(笑)

今日選んだのは、前から行きたかった、“創作中華 一之船入”

一休.comで予約しておいた。
ここはネットで予約できるから便利。


一之船入って変わった名前だと思ったら、ここのすぐそばに、一之船入という船が着いた場所があるんですね。
知らなかった〜

ランチは2種類あったけど、せっかくの京都なので、7130円(税・サ込み)のコースで。

お店は古い町家のお茶屋だった建物を使っていて、風情がある。
しかも個室で、なんか、ほっこり・・

お料理は中華だけど創作で、ひと味ひねってある。
さすが有名店だと関心しました。

いいお値段なので普段使いにはしにくいけど、京都旅行の際には、候補に入れてもいいのでは・・?
中華だけど京都らしいお店なので。



IMG_3552.jpg
ここが一之船入。
船も飾って再現してあるところがいいですね。



IMG_3551.jpg
入り口から雰囲気あります。



IMG_3558.jpg
お茶屋さんだったのでこぢんまりしているけど
雰囲気ありますね〜



IMG_3563.jpg
窓から見えるのは高瀬川。



IMG_3560.jpg
まずはもちろん、生ビール。(笑)
おつまみもついていて、ピーナッツ好きな旦那のお口へ・・(笑)



IMG_3561.jpg
前菜盛り合わせ。
押し豆腐など、変わったものも多く珍しかった。



IMG_3564.jpg
大エビの香草パン粉和え。
ほんと大きな海老!
プリプリ!



IMG_3565.jpg
イイダコのネギ炒め。
イイダコというのが変わっています。



IMG_3566 (1).jpg
カニとアスパラのフカヒレスープ。
すっごく上品なお味。



IMG_3567.jpg
鯛の湯葉巻き。
湯葉というのが京都らしいです。



IMG_3568.jpg
牛ヒレ肉のカレー風味。
酢豚風の味付けなんだけど、牛なので旨みがすごい!



IMG_3569.jpg
桜エビとひじきのチャーハン。
おいしい〜
おいしいお店のチャーハンは、やっぱりひと味違います。



IMG_3570.jpg
これは、結婚記念日と予約の際に書いておいたので、
サービスしてくださったハーブティー。
とってもステキなカップ。



IMG_3571.jpg
デザートは杏仁豆腐とリンゴの赤ワイン漬け。


ステキなお部屋で珍しくおいしいお料理。
さすが有名店だと感心しました。(*^^*)


posted by レイ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2016年11月25日

梅小路カフェ BOSSCHE(京都・梅小路)

ミスター・ギョウザで昼食を食べた後は、京都鉄道博物館へ、歩いて行きます。
こちらが新しくなってから、まだ行ってなかったので。


で、歩き疲れた後は、やっぱりお茶しなくっちゃ・・(笑)


以前、水族館に来たときに寄った、“梅小路カフェ BOSSCHE”は、お気に入り。
やっぱりここに行っちゃいました。

理由はズバリ、おいしいパンケーキ!
とにかくふわふわ!
想像ですが、お豆腐が入っているんじゃないのかなぁ・・・

注文するのは、いつもクラシックパンケーキ。
それに生クリームを追加で。
いろいろ豪華なパンケーキもありますが、やっぱりシンプルなのが一番でしょう。


IMG_1776.jpg
水族館や鉄道博物館の帰りにおすすめ。



IMG_1778.jpg
クラシックパンケーキに生クリームをトッピングで。
旦那と分け分けするので、コーヒー2つとこれで、1500円くらい。
お安いです。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

IMG_1764.jpg
ここからは鉄道博物館の紹介。
中は広くて、かなり見応えある。
想像以上に時間がかかった。



IMG_1737.jpg
別料金ですが、機関車にも乗ることができる。


鉄道博物館は、なかなかおもしろかった。
周りは梅小路公園になっているので、散策にもいい。
朱雀の庭もきれいだった。

でも驚いたのは、中国の人が多かったこと!
こういうものも、中国の人に人気なんですね。
posted by レイ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

ミスター・ギョウザ(京都・南区)

夏頃の話になりますが・・(^_^;)

三田村邦彦のおとな旅あるき旅が好きでよく見ているんだけど、ここで紹介されていた“ミスター・ギョウザ”にどうしても行ってみたくなって・・・

夏のある日、東寺→ミスター・ギョウザ→京都鉄道博物館というプランで、観光に行ってきた。

場所はちょっと不便なんだけど、東寺からだと歩いて10分くらいかな?
あまり交通量も多くないので、店の前に車を停めているお客さんが多かったです。
私たちは歩きですが。(ビール飲めなくなるもん(笑))


さてさて、お店の雰囲気は至って庶民的。
ブルーカラーのお兄様たちが、仕事の途中でお昼ご飯に食べに来るって感じ。
女性同士では、ちょっと入りにくい感じですかね。(^_^;)


でもお味はほんと最高!

もちろん、ギョウザのお店なんだから、ギョウザがおいしいのは当たり前なんだけど、いっしょに頼んだ唐揚げがめちゃウマ!
とにかく、揚げ加減が最高なんでしょうね。
ぜひ注文しましょう。

今回ふたりで、ギョウザは3人前、唐揚げ一人前、キュウリの漬け物一人前、生ビール2杯、旦那のウーロン茶で3000円いかなかった。
安いです〜〜


IMG_1726.jpg
京都って小ぎれいでお上品なイメージだけど、
案外、こういう庶民的なお店も多い。
(決してこちらがきれいじゃないという意味ではありません)



IMG_1727.jpg
どうやってあるのか、秘密を知りたい。(笑)
もう一皿注文しようかと思ったくらい。
口がさっぱりするので、是非注文しましょう。



IMG_1728.jpg
これが絶品の唐揚げ。
これとギョウザとライスでお昼ご飯っておじさまも多かったな・・



IMG_1729.jpg
そしてもちろん、ギョウザ。
ギョウザとビールって、どうしてこんなにおいしいんでしょう・・(笑)
ビールの嫌いな旦那がかわいそう・・(笑)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

IMG_1714.jpg
東寺に行ったのは、実は初めて。
こんなに立派なお寺だとは、知らなかったです。



IMG_1725.jpg
骨董市や手作り市も開かれるので、そういう時に行くと楽しいでしょうね。
posted by レイ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2014年07月26日

スコルピオーネ祇園(京都・祇園)

3月の話題になります。(^^;

一度京都に遊びに行こうということになって、初めは梅でも見に行こうというつもりだったが(一応見に行きましたが)実際おもしろかったのは、たまたまその日にやっていた、百万遍さんの手作り市と、東山花灯路(はなとうろ)だった。
これはほんと楽しかった。
また行くつもりです。
後で紹介しますね。


さて・・・
もちろん、食べるところは大事。

昼は、一休.comで、“スコルピオーネ祇園”を予約しておいた。

特典として、ワンドリンクサービス。
旦那は口をつける程度しか飲まないので、追加無しでいけました。
ワインって結構お高いから、このサービスはうれしい。

ここは祇園のお茶屋の建物を上手にリノベーション。
祇園らしく雰囲気があって、しかもモダン。

お料理も、プラス料金でグレードアップしたから、多少はお高くなったけど、それでもお安い。
2800円のランチコースで、ワンドリンクプレゼント。
メイン料理はグレードアップしたので、ひとつ1000円プラス。
全部で8100円(二人分)の支払いでした。

おいしかったので、今度は友達と行く予定。
雰囲気もサービスもいいし、デートや女性におすすめ。


scorpione.jpg
京都らしい雰囲気。

この写真はクリックすると大きくなります。


scorpione0.jpg
中は間接照明で、雰囲気あります。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione00.jpg
小さな中庭が、祖母の家を思い出させた。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione1.jpg
フォカッチャとワイン。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione2.jpg
コーンスープ。
甘くておいしい!

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione3.jpg
前菜は2つから選べて、ひとつずつ違うものを選んだ。
これは、ハモと貝。
ほとんど味付けはしていないように感じられ
旦那は生臭いと言ったけど、私はおいしかった。
鮮度がいいから、シンプルな味付けがあってたように思う。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione4.jpg
もうひとつの前菜は、お肉のテリーヌ。
一口食べただけだけど、おいしかったと思う。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione5.jpg
パスタも違うものを頼んで、分け分け。
これは、桜エビとねぎのパスタだったかな?
おいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione6.jpg
もうひとつは、からすみのパスタ。(+500円)
からすみの量が半端ない。@@
そのせいか、ちょっと塩気が強いように感じた。

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione7.jpg
メイン料理、旦那は鴨(+1000円)

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione8.jpg
私は和牛(+1000円)
いいお肉を少しだけで、とても私好み。
おいしくいただきました。
付け合わせのタケノコが、まだ出始めだというのに贅沢。
甘くておいしかった!

この写真もクリックすると大きくなります。


scorpione9.jpg
デザートはかき氷。
まだ寒いけど、でもまあ、さっぱりして食べやすい。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは、観光の写真を少し・・

tedukuri.jpg
知恩寺の境内で、毎月15日に開催される手作り市。
通称、百万遍さんの手作り市。
上賀茂神社のはよく行ったけど、ここのはもっと規模が大きい。

この写真もクリックすると大きくなります。


tedukuri1.jpg
朝、9時頃に着くようにがんばったので、まだ最初はよかった。
帰る頃には、身動き取れない状態に・・(^^;
早く行く方がいいですね。
旦那といっしょだとゆっくり見れないので
次回は友達と行く予定。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。


hanatouji1.jpg
ここからは、東山花灯路。
さすが京都!
企業やお寺も協賛しているので、見応えある。

生け花や・・・

この写真もクリックすると大きくなります。


hanatouji.jpg
芸妓さんの舞いの奉納や・・・

この写真もクリックすると大きくなります。


hanatouji2.jpg
もちろん、灯りの展示も。

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年10月28日

どんぐり(京都・駅前)

先日の続き。

ビストロ 仙人掌で食べた後は、歩いてトロッコ電車の駅へ・・・
馬車があったので乗り→トロッコ電車→嵯峨野の清涼寺→大覚寺の大沢の池→バスで京都駅。

バスで京都駅までは1時間くらいかかったけど、観光バス気分?(笑)
景色を見るのも楽しいだろうということで。


さて・・・

今晩の夕食は、“どんぐり”で。

お好み焼き、鉄板焼きのお店で、京都のチェーン店だが人気があるらしい。
口コミを読んで、当日夕方に予約。

予約しておいてよかったです。
帰りにはすごく並んでいました。(^^;

人気のわけは、豊富なメニューとコストパフォーマンス。
だから若い子も多い。
後日、息子もここのお店のことをおいしいって言ってたから、京都では有名なんでしょうね。

席は予約していたからかボックス席。
(ふたりで予約無しだと、カウンターになるらしい)
ちょっと狭いボックス席だけど、カウンターよりはいい。
店内は暑いので、カウンターだと辛いかも・・(^^;


今回、お昼にごちそうを食べたので、あまりお腹が空かなかったということもあるけど、飲み物もとって、ふたりで3200円。
安っ!(笑)

一品料理も豊富なので、空腹でも、そんなにお腹が空かなくても、注文で加減できるから便利。
居酒屋使いができますね。


お味はあっさり気味で、さすが京都。
理由は、餃子やねぎやきに、九条ねぎがたっぷり使われているからかな?
ここはなかなか気に入ったので、再訪もありですね。


donguri.jpg
ヨドバシカメラの向こう側になる。

この写真はクリックすると大きくなります。



donguri1.jpg
れんこんにエビがギューギュー(ネーミングがおもしろい)
と、下足の塩焼き。

この写真もクリックすると大きくなります。



donguri2.jpg
京風ギョウザ。
あっさりでおいしい!
めちゃオススメ。

この写真もクリックすると大きくなります。



donguri3.jpg
コーンとイカのにんにく炒め。

この写真もクリックすると大きくなります。



donguri4.jpg
シメは牛すじ入りねぎやきで。
九条ねぎがたっぷりで、ねぎの甘味がすごい。
おいしいです。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは観光の写真を少し・・

basha.jpg

トロッコの亀岡駅には馬車もあり
時間があったので乗ってみた。
京の馬車道
ひとり1000円。

この写真もクリックすると大きくなります。



basha.jpg
馬車からは、保津川下りの舟が・・・

この写真もクリックすると大きくなります。




torokko.jpg
トロッコも初めてだったら楽しめると思う。
ただし人気なので、切符はあらかじめJRのみどりの窓口で
購入しておかないとなかなか乗れない。

この写真もクリックすると大きくなります。



seiryouji.jpg
清涼寺は特別拝観があったので行ってみた。
お庭が紅葉しかけていてきれい。

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年07月21日

嵐亭(京都・センチュリーホテル内)

6月の終わりの話題ですが・・・

京都の藤森神社にあじさいを見に行こうということになって行って来た。
でも残念ながら、枯れかけでしたわ。(^^;

次の週に行った神戸の森林植物園では満開だったので、やっぱり場所によるんですね。
ここは早いのかもしれません。


さて・・・

藤森神社周辺で食べるところを探したけれど、あいにくナシ。(^^;
なので京都駅まで出て食べることに・・・


駅近くで値段も低めの日本料理ということで探し、ここ、“京都センチュリーホテルの嵐亭”がよさそうだったので行ってみることに・・・

一応予約していったけど、しなくても行けそうでしたね。
でも、はやっていたので、予約した方が確実ではありますね。


場所的には駅前だし便利。
ただ、ホテル自体が古く、じゅうたんもシミがあったりして、雰囲気的にはイマイチかな・・(^^;

その分、ホテルの日本料理なのにコストパフォーマンスはかなりいい。
私は、一番のおすすめらしい京手鞠(3800円)で。
少しずついろいろなものが盛りだくさんで、かなりお得感がある。

旦那は違うものがいいということで、花簪(はなかんざし)(3800円)で。
これは押し寿司とお刺身、天ぷらがメイン。

ぐるなびのクーポンをプリントアウトしていったので、ワンドリンクサービス。
ただし、『えぇ〜〜?こんだけ〜?』っていうほどちょっぴり。(笑)
ビールをもらったんだけど、ほんとものすごく小さなグラスでした。(苦笑)


お味は感激するほどでもないけど、まあそこそこいい。

なにしろ3800円ですからねぇ・・・
このお値段だったら、また行ってもいいかな・・って思いますね。


rantei.jpg
お寿司専用のカウンターもある。
月4日だけの寿司三昧(食べ放題?)も大変な人気の模様・・

この写真はクリックすると大きくなります。



rantei1.jpg
京手鞠のお刺身。
ほんのちょっぴりだけど
私は特にお刺身好きということもないので、これで十分。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei2.jpg
京手鞠が運ばれてきた瞬間、
思わずかわいい〜って声を上げちゃう。(*^^*)
左の器には、引き出しもついているんですよ。
もちろん、その中にもお料理が・・

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei3.jpg
京手鞠を全部並べたところ。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei4.jpg
ここから京手鞠を個別に紹介。
これは小鉢各種。
豆乳豆腐や落花生和えなど。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei5.jpg
これは京手鞠の焼き物。
海老や唐辛子の射込みやら、
いろいろなものがほんの一口ずつ。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei6.jpg
京手鞠の八寸各種。
これが見た目もカワイイ。(*^^*)

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei7.jpg
京手鞠のご飯はもろこしご飯。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei8.jpg
京手鞠のお吸い物。
真丈(しんじょう)が入っている。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei9.jpg
ここからは花簪。
これも器がかわいい〜

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei10.jpg
花簪の蓋を開けたところ。
ご飯は押し寿司。
天ぷらとお刺身がメイン。
グラスのものはすり流し汁(?)
見た目も美しい。

この写真もクリックすると大きくなります。



rantei11.jpg
花簪の汁物は赤だし。
鱧が入っています。



rantei12.jpg
両方とも、デザートがついていて選べる。
ひとつはケーキで。

この写真はクリックすると大きくなります。



rantei13.jpg
旦那は羊羹を選んだんだけど、
結局食べられなくて交換するはめに・・(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。


お刺身や天ぷらにこだわらないのであれば、京手鞠の方がいろいろ食べられていいかな・・?
でもどちらかと言うと、女性向きかもしれません。
posted by レイ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年05月08日

カ・デル・ヴィアーレ(京都・西ノ京)

京都の友達の家にお邪魔したとき、ここ“カ・デル・ヴィアーレ”に連れていってくれた。
(リンク先は食べログ.comのページ)


もともと他所にあったお店で、こちらに移転されてきたのだとか・・・

シンプルモダンな雰囲気で、まだ新しいからとってもきれい。
都会的な雰囲気です。


2階はビュッフェなので、パス。(笑)
1階のコース式の方に行った。


注文したのは2100円のコースで、オードブル盛り合わせ、パン、パスタ、デザート、飲み物で、コストパフォーマンスもよろし。

オードブルやパスタも野菜がたっぷりで、女性にはうれしいですね。
お味もよくて、なかなかいいお店でした。


kaderu.jpg
素敵なお店。

この写真はクリックすると大きくなります。



kaderu1.jpg
オードブル盛り合わせ。
見た目もきれい。

この写真もクリックすると大きくなります。



kaderu2.jpg
グリッシーニがついているところが
他のお店と違うところ。



kaderu3.jpg
パスタは選べて、私はチーズ味のパスタで。
野菜とすり下ろしたチーズがたっぷり。
おいしいけど、お腹がいっぱいに・・・(^^;

この写真はクリックすると大きくなります。



kaderu4.jpg
デザート盛り合わせ。
左の上のものは、テーブルでシュワーっと入れてくれる。
早く食べないと泡が消えちゃう。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



kaderu5.jpg
飲み物はカプチーノを選択。
posted by レイ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年04月20日

西洋厨房 いとう(京都・東山区)

先日の続き。

平野神社を見た後は、北野白梅町まで歩き、そこからバスで出町柳へ。
そこから叡山電鉄で八瀬比叡山口まで行って、そこから叡山ケーブルへ。
この沿線の桜がきれいということだったが、ちと遅かった・・・(^^;

なのでそこからまたロープウエイに乗って、ガーデンミュージアム比叡へ。
この日はプレオープン(冬期は休み)で無料ということでラッキーだった。

でも、めちゃめちゃ寒く、桜もまだ全然だった。(^^;
やっぱり全然気温が違います。(^^;
5月くらいがきれいなんじゃないかな・・・

しかし、人も少なくて、この小旅行(?)はなかなか楽しかった。
後で写真を紹介しますね。



さて、夕食は“西洋厨房 いとう”に予約してあった。

京都行きを決めたのが前日だったので、あわててお店を検索し、京の地野菜にこだわったフレンチというこのお店に心惹かれ、ダメ元で予約。
予約できてよかった〜〜


ここはカウンターだけのお店で、店主の人がひとりでされている。
だから時間がかかるけど、でも待つ価値のあるお料理だった。

とにかく野菜の種類がすごく、珍しい野菜もいっぱい。
オードブルとメインは選べる。

夜は8500円、10500円、12000円だったかな?
で、フォアグラの入ったコースは10500円〜のコースらしいので、10500円で。
どうしてもフォアグラが食べたかったので。(笑)
各コース、量はそんなに変わらないで、素材が違うみたい。

人によって違うだろうけど、私の感覚では高級店。
でもその割に飲み物は高くない。
グラスワインが1000円。
お酒で儲ける気はないそうだ。(笑)
2杯頼んで、後ミネラルウォーターと、全部で23400円だった。


料理が終わってから店主の人がいろいろ話しされた。
来た人のブログ(特にランチ)を読むとウソばっかり書いてあると。(^^;
私が写真を撮っていたから、牽制されたのかも・・?(苦笑)

京野菜と書いている人があるけど、京野菜というのはハウス物が多いとか・・
“京野菜”でなく、“京の地野菜”にこだわって使っておられるらしい。
京のものでない場合は、どこどこの野菜と説明があります。

しかし定義が難しいですわ。(^^;
京野菜も京の地野菜も同じだと思っていた。(^^;
勉強になりましたわ・・ハイ。


食べるとわかるけど、とにかく準備に時間がかかりそう。
なので当日の予約は×
前日までにいたしましょう。


itou.jpg
祇園のはずれの方にある。



itou1.jpg
つきだし。
鴨が大変美味。
レバーペーストのようなものもおいしかった。
ワインに合いますね〜

この写真はクリックすると大きくなります。



itou2.jpg
このお店のメインとも言える京の地野菜盛り合わせ
ビーツのピューレで。
すごいボリューム。
ひとつひとつの下ごしらえが
それぞれの野菜を最大限に生かせるように気配りしてある。
感動の一皿。

この写真もクリックすると大きくなります。



itou3.jpg
オードブルはもちろんフォアグラで。(笑)
鴨のものではなくガチョウのものらしい。
(ガチョウのフォアグラはお高い)
あわびを選択している人もいた。
添えてあるたけのこが、また最上級のもの。
香りがいいのなんのって・・

この写真もクリックすると大きくなります。



itou4.jpg
魚は平目。
2人だけぐじ(甘鯛)の頭を選択できたけど(笑)
私たちは平目で。
横に添えてある蕗のとうがおいしい。
極太のホワイトアスパラ添え。

この写真もクリックすると大きくなります。



itou5.jpg
ここでパンが登場。
フォカッチャかな?



itou6.jpg
メインは近江牛(だっけ?)のミスジのステーキを選択。
うぅむ・・・こんなに固いお肉を食べたのは久しぶり。(^^;
もちろん好みもあるだろうけど・・
やっぱ煮込み(または鴨)にすればよかったかな・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



itou7.jpg
デザートはブラマンジュと
チョコレートケーキのアイスクリーム添え。
先に嫌いじゃないか聞いてくれる。
旦那はブラマンジュが嫌いなのでそう言うと、
ケーキを大きい目で。

この写真もクリックすると大きくなります。



itou8.jpg
私たちはコーヒーにしたが、ほうじ茶も選択できる。
そこが京都らしいね〜

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

yase.jpg
ケーブルカーなんて久しぶり。

この写真もクリックすると大きくなります。



hiei.jpg
ガーデンミュージアム比叡からの眺め。


この写真もクリックすると大きくなります。



hiei1.jpg
ガーデンのお花はこれからですね・・

この写真はクリックしても大きくなりません。(笑)


次回からは古い記事から順にアップする予定です。
posted by レイ at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年04月19日

クリケット(京都・平野神社向かい)(再訪)

先日の続き。

湯豆腐を食べた後は、西大路通を下って、“クリケット”へ。

前の記事は、ここ。


前の記事にも書いているけど、ここのゼリーはほんとお気に入りで、久しぶりで食べれてうれしかった。

今回はグレープフルーツで。(630円)


平野神社の向かいになり、桜は散りかけだったけど、せっかくだから観にいった。
後で紹介しますね。


kuriketto.jpg
気後れしない雰囲気。

この写真はクリックすると大きくなります。



kuriketto1.jpg
フタの果汁をしぼり、洋酒を香りづけに入れる。
イチゴはサービスかな?(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは平野神社の桜を。
満開だとかなりきれいだと思う。
人気があるのも納得。
境内には屋台がびっしり。

hirano.jpg
ソメイヨシノは終わりだけど、八重は満開。

この写真もクリックすると大きくなります。



hirano1.jpg
しだれ桜も満開。

この写真もクリックすると大きくなります。



hirano2.jpg
あれ・・・・なんで熊!?(笑)
(もちろん作り物)
他にも鹿とかいましたぞ。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年04月18日

わら(京都・衣笠)

他に紹介するお店がたまっているのですが、京都の原谷苑(はらだにえん)の桜があまりにきれいだったので、こちらから紹介。
この雨でかなり散っているかもしれないけど、16日の時点では満開だった。

口コミで満開時にはすごい人と書いてあったので、家を早く出て、9時前に到着。(笑)
さすがに人も少なく、美しさを満喫しました。
早く行くのがオススメ。

駐車場はないのでバスかタクシーで行くことになる。
でもバスは本数も少ないのであまり現実的ではなく、やっぱりタクシーで行くことになる。
金閣寺からも乗れるけど、私は朝早く行ったので、地下鉄の北大路から乗った。20分強かな?

後で写真を紹介しますね。


さて、いくらお花見といっても、大事なのはお昼ご飯。(笑)
ずっと雨の予報だったんだけど、前日の予報では晴れになったので、あわててこちらに予約。
予約がとれてよかった〜〜


ここ“わら”は、20年くらい前に、子どもと3人で行ったことがある湯豆腐やさん。
あまから手帖に載っていて、その時はそれを見て行ったと思う。

ここはわら天神の近くの住宅地の中にあるお店。
金閣寺から近いので、タクシーで金閣寺まで行き、久しぶりに金閣寺を見て、そして徒歩で行った。

最初行ったときは迷って迷って・・・(^^;
きっちりとした地図を持って行った方がいい。
食べログの地図がおすすめ。


このお店は普通の民家を使ってあり、アットホームなお店。

でもお味はとてもおいしい。
某有名店の湯豆腐のお店とは比べものにならないくらい。


基本はコースで3250円。
でも単品でもOKなので、ととろが嫌いな旦那は抜いてもらった。
ビールを1本頼んで、全部で6770円。


wara.jpg
住宅地にひっそりとある。

この写真はクリックすると大きくなります。



wara0.jpg
以前来たときと同じ部屋だった。
なつかしい〜〜
いつも変な人が登場してすみません。(^^;



wara1.jpg
まずはごま豆腐。
山椒の佃煮が載っているのが珍しい。
結構合います。

この写真もクリックすると大きくなります。



wara2.jpg
お待ちかね湯豆腐。(二人分)
つけ汁もとってもおいしい。
湯葉が入ってるのがうれしいな・・
旦那は湯葉が嫌いなので、全部いただき〜(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



wara3.jpg
精進揚げ。
人参が柔らかくて甘い〜
衣も薄く、とってもおいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



wara4.jpg
とろろ。



wara5.jpg
ご飯はしょうがご飯。
香りがいい。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは京都の原谷苑(はらだにえん)を紹介。

haradani3.jpg
とにかく美しくて、『きれい、きれい!』と言いまくり。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



haradani5.jpg
桜以外の花も植えてあって、そのコントラストが素晴らしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



haradani1.jpg
このお花もとってもきれい。

この写真もクリックすると大きくなります。



haradani.jpg
たまには登場しておきますか・・(笑)

この写真はクリックすると、ちょっぴりだけ大きくなります。(笑)
posted by レイ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2011年01月22日

フィゲラス (京都・スバコ・JR京都伊勢丹)

こう寒いと観光もままならないですね。(^^;

イオンモール京都は、入ってるお店が他とはちょっと違うと評判だったので、一度行ってみようかということになった。
ついでに、伊勢丹も行けるし。


で、京都駅周辺でお昼ご飯のお店を探していて、ここに惹かれた。

“フィゲラス スバコ・JR京都伊勢丹”
(リンク先はぐるなびのページ)


ここは、京都に3店舗あるスペイン料理のお店。
パエリア大好きうちの夫婦としては、スペイン料理には心惹かれるのよね・・・


スバコ店はオープンなお店で、カジュアルな雰囲気。

休日でもランチがOKで、お昼だとお得に食べれる。
しかも、昼でもグランドメニューが食べられるのがいい。

今回、パエリアランチ(1575円)を2つ。
単品で、地中海サラダ(800円)、グラスワインとサングリア(共に525円)。
後、タルトタタンの評判がいいので、それをひとつ。(630円)
全部で5670円だった。

パエリアってどこで食べても結構お高いので、コストパフォーマンスもいいと思う。


お味もなかなかよかった。
特に、地中海サラダ。
魚介類の鮮度がよく、火入れも軽くておいしかった。

後、タルトタタンはめちゃウマ。
スィーツ好きなら、ぜひ注文しましょう。


figerasu.jpg
オープンな造りなので落ち着かないが
その分コスパもよい。

この写真はクリックすると大きくなります。



figerasu1.jpg
サングリアと白ワイン。
最終的には、結局全部、私のお腹へ。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



figerasu2.jpg
ランチの前菜(ひとり分)
このブルスケッタはちょっと・・(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。



figerasu3.jpg
単品の地中海サラダ。
おいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



figerasu4.jpg
ランチのパエリア。(二人分)
私はレモンを搾るのが好き。

この写真もクリックすると大きくなります。



figerasu5.jpg
コーヒー・デザートつき。

この写真もクリックすると大きくなります。



figerasu6.jpg
単品のタルトタタン。
めっちゃおいしいので、カフェ使いでもいいかも。

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2010年12月20日

IL GHIOTTONE CUCINERIA(イルギオットーネ クチネリーア)(京都・木屋町)

11月終わりに行ったときの記事です。(^^;
年末はそれでなくても忙しいのに、いろいろあって、さらに忙しいです。(^^;


さて、普段あまり会えない友達とどこかで会おうということになり、ちょうど紅葉もきれいだろうということで、京都に行くことに・・・


もちろん行く限りはおいしい昼食を食べなくては・・・(笑)


ということで、前から行きたかったイルギオットーネを選んだが、本店の方はかなり先まで満席。(^^;

で、まだ混み具合がマシな“IL GHIOTTONE CUCINERIA(イルギオットーネ クチネリーア)”に予約した。

一週間前くらいに予約したときには、1時半しか空いていないといわれたが、友達とも相談してその後電話したときには、キャンセルが出て11時半でOKと・・
ラッキーでした。(*^^*)


口コミでは、本店との差があり、あまりよくないとの意見もあったけど、本店に行っていない私には、おいしかった〜〜

見た目も美しく、お味も最高!
何一つ不満な点はなかったです。
さすが人気店!って感じ。

難点を揚げるとしたら、予約が取りづらいことかな・・・(^^;
しかもかなり前から。
急に決めた場合なんかは行きにくいので、そこがツラいですね。(^^;

でも、早くから予約するかいのあるお店。
やさしい嫁としては(笑)、ぜひ、旦那も連れて行ってあげたいです。


ランチは3675円、5250円、8400円の3種類。
一番上はおまかせになり、後は内容がHPに書いてあるのでわかりやすい。

私たちは3675円のコースで。
後、その子はイケる口なので、ワインハーフ(デカンタ)も注文。
ワインはもちろん、値段がさまざまだけど、下から2つめくらいだったかな?
ハーフで3000円くらいのものを注文。

一番下のコースでも十分楽しめたし、ワインも入れるとお支払いはひとり5000円弱になったので、安い方のコースにしてよかったかな・・


おいしいお料理においしいワイン。
そして、楽しいおしゃべり。

素敵なひとときでした。(*^^*)


iru.jpg
中は写真が撮れなかったけど、全面ガラスでとても明るい。
川べりなのでシュチュエーションも申し分なく
なかなか素敵なお店。
ただ、四条通からは少し歩きます。



iru1.jpg
パン。



iru2.jpg
まずは、殻付きホタテとほうれん草のスフレグラタン。
文句なしにおいしい。

この写真はクリックすると大きくなります。



iru3.jpg
もどりがつおとりんごのミッレフォーリエ
たっぷりの和サラダとフェイクキャビア。

目にも美しい一品。
要するにはかつおとりんごをミルフィーユ仕立てにしてある料理。
かつおは全く臭みもなく、上品なお味。
食べている間は、鰹というイメージはない。

この写真もクリックすると大きくなります。



iru4.jpg
ささがきごぼうとベーコンのトマトソースの
パヴェッティーネ、七味の香りで。

ごぼうという和の素材が、七味の香りで違和感なく食べられる。
七味があるとなしでは大違い。
この辺りのセンスがなかなかのもの。

この写真もクリックすると大きくなります。



iru5.jpg
とろとろに煮込んだ3種類のお肉を巻いた鶏肉
ちょっと風変わりな、ポッリートミスト仕立て
インゲン豆クレマと白菜添えマスタードソース

難しい名前ですな・・・(^^;
お味はさっぱり味。
メニュー構成も申し分なく、最後までおいしく食べられる。

この写真もクリックすると大きくなります。



iru6.jpg
デザートはココナッツのブラマンジェと洋梨。

この写真もクリックすると大きくなります。



iru7.jpg
コーヒー。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは、その後行った清水寺の紅葉を。

kiyomizu1.jpg
我ながら、清水寺ってベタやなぁ・・って思ったけど(笑)
やっぱり有名どころは素晴らしい。
人は多いけど、境内は広いので、そんなに困ることもない。
その後、参道(二年坂・産寧坂)を散策するのも楽しいし・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



kiyomizu.jpg
夜のライトアップに行ったこともあるけど、
やっぱり昼間がお勧め。
夜は近くしか見えないので。

この写真もクリックすると大きくなります。

posted by レイ at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2010年07月09日

Restaurant LA PORTE DE VÉRITÉ(ラ・ポルト・ド・ヴァリテ)(京都・烏丸御池)

私事ですが、息子がいよいよ、秋に結婚するみたいで・・・
で、先日、両家の顔合わせというものに行って来た。


結構急だったので、お店を急遽探して・・・
やっぱり、個室のあるところがいいし・・・

で、街からはちょっと外れているが、口コミが非常によかったここ、“Restaurant LA PORTE DE VÉRITÉ(ラ・ポルト・ド・ヴァリテ)”に決定。


いやぁ・・・最高でした。(*^^*)

雰囲気はいいし、お料理は美しくておいしい。
しかも、すごいコストパフォーマンス!


旦那がいくらだったと聞いて、ひとり5000円と答えると、内容と考えるとお安くてびっくりしていた。(笑)
何しろ、高級食材満載ですから。(*^^*)


ワインを1本頼んで、飲まない人はソフトドリンクで、それでひとり6000円弱。
サービス料もいらないですからね〜



余談だけど、このサービス料という代物。

なるほど・・と思えるほどサービスしてくれるのならいいけれど、ただ料理の説明をするだけでサービス料を取られるのは、どうも納得いかない。(^^;

思い出すだけでも、あのお店と、あのお店と、あのお店・・・(笑)


そう思いませんか?



・・って、話が逸れましたが。(笑)


このお店はほんとに気に入った。
今度は、友達や母も連れて行きたいですね。


poruto.jpg
地下鉄の御池から10分くらい。
いい天気だったら、三条の辺りから、
ぶらぶら歩いても・・

アコーデオンカーテンで、仕切ってくれる。
薄暗くて雰囲気ある店内。



poruto0.jpg
セッティング。
透明の位置皿が涼しげ。



poruto1.jpg
まずはアミューズ。
キャビアの入ったパイ、メロンと生ハム
カニ身の上にいくらの載ったシュー。

見た目も凝っているが、味もとてもいい。
パイは焼きたてで温かい。



poruto2.jpg
活ホタテ貝とトリュフのサラダ。
見た目も美しい〜〜
中には贅沢にトリュフが・・・



poruto3.jpg
とてもいい香りのパン。
尋ねると、桜の葉が入ったパンだとか・・
そう言われてみれば、桜の葉の香りです。
おいしくて、お代わりしちゃった。(笑)



poruto4.jpg
待ってました!(笑)
フォアグラのソテー。

ドライフルーツのカンパーニュが敷いてあり
ソースもフルーツのソース。
フォアグラとフルーツって合うのね・・・
文句なしに美味でした。(*^^*)



poruto5.jpg
お魚料理。
何とか鯛って言われたけど、忘れました。(^^;
ケッパーなどを刻んで作ってあるソースが利いている。



poruto6.jpg
メインは、オマールエビか牛ヒレを選べる。
私はもちろん、オマールエビで。(笑)

もちろんおいしく、殻をむいてあるのが親切。



poruto7.jpg
旦那の牛ヒレのポワレもパチリ。



poruto8.jpg
デザート。
マンゴのタルト、チョコレートケーキ
フルーツ、イチゴアイス。



poruto9.jpg
飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソから選べる。
写真を撮り忘れました。(^^;

小菓子は、色とりどりのマカロン。(5人分)


色とりどりのマカロンは凝っていて、何と、お花の香り。

初め、“何の味だろう・・”とみんなわからなくて、“トイレの芳香剤の匂いがする・・”とか言い始めて・・・(^^;

みんな酔っているので、ほんと失礼いたしました。m(_ _)m


でも正直言うと、フルーツの香りの方が馴染めたかもね・・・
posted by レイ at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年12月03日

GOSPEL(ゴスペル)(京都・鹿ヶ谷)

先日の続き。

お昼ご飯を食べた後は、市バスに乗って、真如堂に向かう。

先日紹介したCucina Italiana 東洞(クッチーナイタリアーナ とうどう)から近い観光地はどこかと探した結果、見所が集まっている、哲学の道周辺に行くことに・・

でももちろん、銀閣寺のような有名どころはパス。(笑)
哲学の道も、春に歩いたからパス。
地元の人が行くようなところを探した。


真如堂は、紅葉がほんとにきれいだった。
しかも、境内だけなら無料だし。(笑)
ここはかなりお勧め。


後、行ったところは・・・

霊鑑寺(れいかんじ)
 秋の特別公開の最終日だったので。(特別公開は春と秋2回)
 でも、春の椿の頃の方がよかったかも?

安楽寺(あんらくじ)
 ここは山門のところが、非常に絵になる。
 なので、門のところを写真に撮っただけ。(^^;
 後で写真を紹介します。

白沙村荘(はくさそんそう)
 画家 橋本関雪(はしもとかんせつ)の設計による建物と庭。
 作品も見れるし、人も少なく靜か。
 お庭もきれいだし、静かなのがお好きな方にはお勧め。
 後で写真を紹介します。


さてさて・・・

この辺りで休憩するところも、あらかじめ探しておいた。

で、口コミで評判のよかった“GOSPEL(ゴスペル)”に非常に心惹かれ、ここに行くことに。
(リンク先は食べログ.comのページ)


ここはまるで異人館のような洋館で、とってもステキなお店。

どうしてもここに行きたかったので、少しなら並ぶのも覚悟して行ったが、空いていてラッキ〜♪

哲学の道沿いのお店は混雑しているのに、ちょっと道をはずれただけで、とっても靜か。
素敵なティータイムを過ごせました。(*^^*)

ただし、お値段はちょっと高め。
コーヒーで600円。
詳しい値段は忘れてしまったが、全部で2000円弱だったと思う。


gosuperu.jpg
素敵な洋館。
この写真はクリックすると大きくなります。


gosuperu0.jpg
薄暗い店内なので
テーブルごとにランプが置いてあって
雰囲気があるわ〜


gosuperu1.jpg
私はオレンジペコで。


gosuperu2.jpg
タルトも頼んで、旦那と分け分け。

========================================

ここからはオマケ。

shinnyodou.jpg
真如堂
紅葉が美しい。


kyoto1.jpg
安楽寺(あんらくじ)
この山門を撮るカメラマンでごったがえし。


hakusan.jpg
白沙村荘(はくさそんそう)
美しいお庭です。

この写真はクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年12月02日

Cucina Italiana 東洞(クッチーナイタリアーナ とうどう)(京都・烏丸丸太町)

先日紅葉を見に、京都に行ってきた。

東福寺の通天橋から見る紅葉は、超有名なので、一度行ってみたかった。

すさまじい人出だろうということは想像できたので、朝の7時過ぎに出発。
で、向こうに8時半過ぎに着いた。

それでもかなりの人。(^^;
恐らく、かなりの人が開門前に並んでいたのでは・・?(^^;

それでもきっとマシな方だったことだろう。
券売り場ではロープがずら〜〜っと張り巡らせてあったので、きっとあれだけ並ぶということね。(^^;


しかし、行った甲斐がありました。
ほんと感動の美しさ・・!!
後で写真を紹介しますね。



さてさて・・・


いつものように肝心のお昼ご飯。(笑)
京都の街で食べようといろいろ検索したが、今回はイタリアンにした。


口コミで“大人のイタリアン”と書いてあったので、心惹かれて、ここ“Cucina Italiana 東洞(クッチーナイタリアーナ とうどう)”に決定。

ぐるなびのページにも、詳しくメニューが書いてあるので参照してください)


町家を使ったお店で、京都ではよくあるタイプ。
でも、お味は特に京風ということはなく、和食っぽかったのは最初の一品だけかな?

後はオーソドックスなイタリアン。
特にトマトソースがお好きなようで、多く使われていた。


なるほど、ある程度の年齢のお客さんが多く、雰囲気もいいし、お味もそこそこよかったけれど、難点はメニューかな・・・

お昼は2コースしかなく、一つはパスタランチ(2100円)で、もうひとつはフルコース(3800円)

私たちはせっかくだしフルコースにしたのだが、量が多かった。(^^;
メイン料理を、魚か肉か選ぶコースがあれば、もっとよかったと思う。

パスタがとってもおいしいのでパスタコースでもいいけど、でもそれではちょっと寂しいし・・・(^^;
やっぱり中間のメニューが欲しいですね。


後、もちろん好みの問題だとわかっているけれど、BGMの選曲が・・・(^^;

恐らくイタリアのヒットソングなんだと思う。
でもやかましくて、落ち着いたこのお店の雰囲気に合わない。(^^;

これがカンツォーネやイタリアオペラの曲だったらもっとよかったのだけど・・・

・・って、完全に個人的な趣味ですね。ハイ、すみません。(^^;


後、もちろん予約はしておいたけど、2日前でOKだった。
観光客はあまり来ない様子で、地元の人に愛されているお店という感じ。


touin.jpg
地下鉄の烏丸丸太町からすぐ。
外観は普通の民家。(笑)


touin0.jpg
中は落ち着いた感じに改装してある。
中の障子を閉めると個室になって
グループの集まりにもよさそう。


touin1.jpg
最初の一品。
これのお味は完全に和食。(笑)
大根や魚のすり身を煮付けてある。


touin2.jpg
子牛のカルパッチョ(だっけ?)
チーズがフォンデュのチーズで濃厚。
それがお肉の臭みをカバーしている。


touin6.jpg
パンはかな〜り美味。
冷めても固くならず、とてもおいしい。
食事にレーズン入りって珍しいけど
私はこれが気に入った。
チーズとレーズンってとても合う。


touin3.jpg
パスタはアマチャトリーナ。
とてもおいしい。


touin4.jpg
魚料理は、魚介類の蒸し料理。
鮮度のよさがわかる一品。
おいしかった。


touin5.jpg
お肉は地鶏。
とても柔らかい。
チーズとトマトソースで、オーソドックスなお味。


touin7.jpg
デザートはチョコレートムース。
フルーツとチョコレートは、
ちょっと合わないかな・・(^^;


touin8.jpg
イタリアンのコーヒーって口に合わないことが多いけど
これはとってもおいしかった。

==========================================

ここからはオマケ。
東福寺の様子を。

toihukuji.jpg
朝の8時台でもかなりの人出です。(^^;

この写真はクリックすると大きくなります。


touhukuji2.jpg
通天橋を望む。
逆光ですが・・(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。


touhukuji3.jpg
通天橋からの眺め。
最高に美しい♪

この写真もクリックすると大きくなります。


ikkain.jpg
東福寺から出て駅に向かう途中
“お抹茶”という看板を発見!(笑)
一華院(いっかいん)という東福寺の塔頭。
さっそく行くことに・・・

美しいお庭を眺めながらのお抹茶は
ほんと、外の喧噪とは別世界。

この写真はクリックすると大きくなります。
立派な松をご覧ください。


ikkain1.jpg
お菓子は選べるが、全て900円。
少々お高いが、この雰囲気は格別。
普段は見れないお庭らしいのでお勧めです。
posted by レイ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年05月30日

雪月花(せつげっか)(京都・三条)

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日の京都の続き。

私たちの年代に合うカフェや喫茶店って、なかなかないと思いませんか?
お腹が空いているのなら、パティスリーや甘味処でOK。
こういうお店は、年代関係なく行けるから。

でも、休憩目的のカフェとなるとなかなか・・・(^^;
若い子のオシャレなカフェも行くことがあるけど、正直言うとあまり落ち着かない。(^^;

隣との席が近くてチープな感じか、広々している場合は、あまりにスタイリッシュ過ぎて、なんか気後れする感じ。(^^;

かといって、ごく普通の、オシャレでもない喫茶店は行きたくないしなぁ・・・
老舗のカフェか、北山の珈琲伽藍のようなコーヒー専門店ならOKなんだけど・・・


しかし、今回偶然、いいお店を見つけた。

ここ、“雪月花(せつげっか)”は、本来は大人な雰囲気の、オシャレなバー。
昼間もカフェとして営業されるようになったのは、まだ最近のことらしい。

三条富小路のSACRAビルは、レトロな元銀行の建物で、ショップがいくつか入っている。
そこを覗いているときに、ちょっと入りにくい(真っ暗で中が見えない)お店の入り口に、“コーヒー800円”と書いてあるのを見つけた。

休憩したかった私たちは、さっそく入ってみることに・・・


入ってみて、正直ビックリ!
高価であろう、革張りのすごい椅子に、インテリアは異人館みたいな感じ。

お客さんは私たちだけで、コーヒーもおいしかったし、もうゆったり。

でも、あまりに暗いのって、眠くなりますね・・・(^^;
横を見ると旦那は爆睡。(^^;

結局最後まで、お客さんは私たちだけだった。
ここは若者の街なんだけど、こういうお店は、若者は入りにくいだろうな・・
コーヒーもお高いですし。(^^;

帰ってからHPを見てみたら、個室や雰囲気の違うカウンターもあるらしい。

帰るときに、『またいらしてください』って言ってもらったので、またぜひ行きたいですね。


setsu.jpg
重厚な雰囲気。
ちょっとドキドキしながら撮った。(^^;
写りが悪くてごめんなさい。(^^;


setsu1.jpg
アイスコーヒー。(800円)
とってもおいしい。
氷もこだわっていて透明で大きな氷。
本来はバーですからね〜
グラスも薄くて、上等グラスなんだろうな・・
posted by レイ at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年05月26日

レストラン よねむら(東山)

先日、京都に行って来た。

目的は、またまた上賀茂神社の手作り市。
ほんま、よく行きますなぁ・・・(笑)
でもここは、普段買えないようなものが買えるので、行ったことない人にはお奨めです。


昼食は、先日めでたく(?)誕生日を迎えた私の誕生日会ということで、ちょっぴりリッチにしようと検索した。

で、前からチェックしていて、評判もなかなかいい、“レストラン よねむら”に決定。

お昼は6000円と1万円の2種類で、どちらにしようか迷ったが、まあ最初だし6000円の方で。

1万円の方は食べていないので、はっきりしたことは言えないけど、6000円ので十分なんじゃないかな・・?
もう、お腹がパンクしそうなほど満腹だったし、6000円という決してお安くない値段でも、それ以上の価値があったと思う。
コストパフォーマンスということだけを言えば、このコースが一番いいかもしれない。


口コミでは厳しい意見もあったが、私はと〜っても気に入った!

料理はフレンチの創作料理。
でも、和の素材も取り入れて、ご飯やお漬けものが出てくるところも、京都らしくていい。

そして、創作料理なので、出てくるもの全てが目新しい。
次は何だろう・・という、ワクワク感も味わえる。

そして、説明を聞いて、“ほぉ〜〜”
味わって、“ほぉ〜〜”
やっぱりサプライズは楽しいですね。

グラスワインは、1000円。
結局3杯頼みました。(^^;
ハーフボトルもあったので、それにした方がよかったかも〜(笑)


yonemura.jpg
八坂神社の近く。
表は料理屋さんといった雰囲気。


yonemura1.jpg
一品目は、生サケ。
上に、パンやトリュフが載っていて
ひと口でぱくっと食べる。(笑)
歯ごたえの違う素材が口の中で合わさって
おもしろい。


yonemura2.jpg
甘鯛とジュンサイの、コンソメスープ。


yonemura3.jpg
パンはまあ、普通ですね。(笑)


yonemura4.jpg
マッシュルームの上に、さざえが・・・
ちょっと、エスカルゴ風?


yonemura5.jpg
イベリコ豚のシチューと、コーンのリゾット。
上に乗っているのは、空豆のフリット。
洋風の角煮といった雰囲気。


yonemura6.jpg
鯛とホタルイカのサラダ。
プッチーナだっけ?
デパートで売ってるの見たけど
まだ買ったことのない野菜。
水分があって、結構おいしい。
今度買ってみようかな・・・


yonemura7.jpg
海老とホワイトアスパラのグラタン。
きっと活けの海老なんだろう。
頭も入っている。


yonemura8.jpg
冷製パスタ。
タコや海ぶどうの入ったパスタに
上の3つを入れて、いっしょに食べる。
左のは小松菜だったかな・・?
真ん中のは生ウニ。
右のはフルーツ。
全部合わせると奥行きの深い味。
これが一番、印象深いかも・・?


yonemura9.jpg
小鴨のロースト。
小鴨なので、脂分が少なくてあっさり。
右のはズッキーニの上に玉ねぎが・・・


yonemura10.jpg
最後にはご飯。
ほんの一口だけど、やっぱりあるといいね〜


yonemura11.jpg
お口直し。
青じそとブラッドオレンジのシャーベット。
デザートの前にお口直しっておもしろい。


yonemura12.jpg
デザートは選べる。
これは、旦那が選んだ、ほうじ茶のブリュレ。
勉強と称して味見してみた。(笑)
上の飴の部分が多くておいしい。


yonemura13.jpg
私はフルーツパフェで。
イチゴなどのフルーツに
生クリームとアイスクリーム。
おいしいけど、満腹で死にそう〜(^^;


yonemura14.jpg
コーヒーと小菓子(2人分)
お腹がいっぱいで、
小菓子は残してしまった。(^^;


人気のお店なので、予約は必須。
観光シーズンだと、早い目にしておいた方がいいかも・・・?

ほんと、どれもかもがおいしかった〜
ぜひ、また違う季節に行きたいです。

posted by レイ at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年04月19日

イノダコーヒー(清水支店)

ちょっと間が空きましたが、先日の続き。

その後街に戻り、錦市場で買い物して、予約しておいた“盛京亭”へ。
(以前に行ったときの記事)

前の記事とほぼ同じものなので写真はありませんが、ここは子どもが小さい頃から通い詰めた、ほんと好きなお店。

オシャレでもない、古い小さな小さなお店だが、ここの中華は、他にはない独特のもの。
きっと一生通うんだろうな・・・



で、その後八坂神社や高台寺まで行ってしまい、ふと気がつくと、清水寺のすぐ側まで来ていた。(笑)

夜間拝観していたので、ついでだし行こうかと言うことになって、その前に産寧坂の“イノダコーヒー(清水支店)”でお茶して、体力を回復してから行くことに。(笑)

京都のイノダコーヒーといえば、昔からある、超有名なコーヒーやさん。

ここの特徴は、あらかじめ砂糖とミルクを入れてきてくれること。
もちろん聞いてくれるので、ブラックの場合はそう言えばいい。

今はおいしいコーヒー店がいっぱいあるので、ここのコーヒーが特に感激するということでもないけど。
でも老舗なので間違いはないし、なんか懐かしい雰囲気もいい感じ。


この“イノダコーヒー(清水支店)”は、“青龍苑”(茶室も複数ある、元料亭の敷地?)の中にあって、いかにも京都らしい雰囲気だ。

庭にも席があって、せっかくなのでそこで飲むことに・・
コーヒーは500円。


inoda.jpg
店内は広く、ちょっとレトロチックな感じ。
私付きの写真しかなくて・・(^^;


inoda1.jpg
二口ほど飲んでから、気づいて撮った。(苦笑)

=========================================

ここからはオマケ。

kiyomizu.jpg
ライトアップされた清水寺。
夜のお寺というものは、
昼とはまた違った雰囲気で、ロマンチック。
デートにはピッタリだろう。
さすが、人も多かったが、
それでも行く価値があると思う。
posted by レイ at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年04月15日

八起庵(川端丸太町)

先日の続き。

平安神宮で見事な桜を見た後は、予約してあった“八起庵”へ。

ここのアクセスマップはわかりにくいので要注意。(^^;
私は迷って、電話してやっと辿り着いた。
(実際は、川端通りに面している)


平安神宮の近くでいいところはないか検索して、ここに決めたのだが、さすが有名店だった。

庵弁当ってのもあるが、ここはやっぱり、お昼のおまかせ会席(3990円)で。

鶏で4000円はお高いかもしれないが、自社で飼育したこだわった鶏。
それを一流の腕で調理してある。

それに、一流店にふさわしい応対に、気配り。
芸能人の人の写真も多く飾ってあったが、ここは誰を連れて行っても間違いのないお店だと思う。


あと、生ビールも大変おいしかった。
生ビールも注ぎ方によって、大きく変わってくるので。
ここのはクリーミーな泡で美味。

で、つい、お代わりしちゃいました〜(笑)


hakkiann.jpg
この方が店主の方だが、大変愛想よくて感じいい。
『写真をお撮りしましょう』と
言ってくださったがせっかくなので、
おじさまを撮らせていただきました。(笑)

(モードを間違ったので、変な色になってます。(^^;)


hakkian1.jpg
まずはスープとポン酢かけ。
スープは濃厚、ポン酢かけはあっさり。


hakkian2.jpg
お次はわさび和え。
上に、山芋の刻んだ物が・・


hakkian3.jpg
蒸し鶏。
玉ねぎを挟んで食べる。
素材の良さがわかる一品。


hakkian4.jpg
揚げ出し。
これはコクがあって味わい深い。
おだしも飲み干した。(笑)


hakkian5.jpg
手羽先の塩焼き。
この焼き加減は、家では無理。(当たり前(笑))
何本でもいけそう。(笑)


hakkian6.jpg
ご飯ものは、卵かけご飯と
そぼろご飯から選べる。
せっかくなので両方にして
半分ずつ食べた。
もしどちらか選ぶんだったら、
私はこの卵かけご飯。
こんな濃い卵は、そうそう食べられないので。


hakkian7.jpg
もうひとつのそぼろご飯。
そぼろがすごく細かい。
ふりかけみたい(?)(笑)

hakkian8.jpg
デザートが何だったのか、
どうしても思い出せない。(^^;
写真で見ると、抹茶味のゼリーか寒天に
あずきが乗っている(?)

=======================================

ここからはオマケ。
その後行った、京都府立植物園を。

ここは祖母の家から近かったので、
子どもの頃からよく行ってた懐かしい場所。

午後はどこに行っても混むだろうから、
ここをぶらぶら散策して、
またベンチに座って休憩したりしてた。

shokubutuen.jpg
チューリップが満開。


shokubutuen2.jpg
桜はほぼ散りかけ状態だが、
花びらの絨毯がなかなかきれい。


この後は、橋の近くのお気に入りの“珈琲伽藍 (コーヒーガラン)”へ。

前と同じなので、写真はありません。
でもここは、ほんとお薦めの珈琲店。
少々お高いからほんとのコーヒー好きしか来ないので、満席ということは、まずないと思う。
posted by レイ at 12:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都・市内

2009年04月14日

よーじやカフェ(銀閣寺店)

土曜日、京都へ花見三昧に行ってきた。(笑)

京都はこの時期、すごい人に違いないので、朝の7時に出発。
で、銀閣寺前に8時半に着いた。

まずは一番のお目当て、哲学の道へ。
さすがに人も少ない。(笑)


のんびりと散策して、第二の目的地“よーじやカフェ(銀閣寺店)”に、開店前に到着。

よーじやは、有名なあぶらとり紙のお店だ。

この建物は元料理やさんだったのか、それとも個人のお家だったのか・・
とにかくなかなか素敵なお庭で、いかにも京都らしい雰囲気。

HPでは9:15開店って書いてあったのだが、それは販売の方。
カフェは9:30からだった。(^^;

でもまあ一番乗りで、窓際の席に座れたので、いいとしましょう。(笑)

ここはお庭が素敵なので、席は全部庭を向いて座布団が敷いてある。
でも足が痛いお年寄りには、ちょっと辛いかなぁ・・・(^^;


旦那は普通のコーヒーを注文して、全部で1700円。
ここは味を云々言うお店ではなく、雰囲気を味わうお店です。(笑)


yo-jiya.jpg
カフェとはわからない雰囲気。


yo-jiya0.jpg
小さいながら素敵なお庭で
窓もピッカピカ。


yo-jiya1.jpg
『腹減った〜』と騒ぐ旦那のために
おやつセットを注文。
クッキー、カステラ、アイスクリーム。
お味は、まあ普通。


yo-jiya2.jpg
ラテアートって言うんですよね。
よーじやのマークの顔になった
抹茶カプチーノ。
これを飲みたかったんだ〜〜

ほんとはコーヒーのカプチーノがよかったんだけど、
これしかない。
まあ、ここはがまん。(笑)
味はともかく、もったいなくてなかなか飲めない〜(笑)

==========================================

ここからはオマケ。

tetugaku.jpg
哲学の道は、ほんとに狭い道なので
混むと大変なことになると思う。(^^;
ここは空いている時間に行くべし。


heian.jpg
その後行った、平安神宮の神苑。
初めて見たが、こんなにきれいだとは知らなかった。
ここは混んでいても、見る価値あり。


posted by レイ at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年11月27日

SAGANO-YU(さがのゆ)(嵐山)

先日の続き。

大覚寺がライトアップされてるのを検索して知って、それを見てから帰ることにした。

“松籟庵”を出てから、暗くなるまでその辺りをぶらぶらして時間をつぶし(途中、山の中に迷い込み、遭難しそうになりましたが・・(^^;)道も渋滞しているので、歩いて大覚寺まで行った。

大覚寺のライトアップはとても素敵で、がんばって歩いたかいがあった。
ここはおすすめです。

でもまだ時間も早いし、もう人も少ないだろうってことで、またまた渡月橋の辺りまで、歩いて戻ることに。
(ほんま、元気やな〜(苦笑))

途中、JR嵐山駅近くにある“SAGANO-YU(さがのゆ)”に行きたくて、ダメ元で訪れてみた。

ここは検索しているときに見つけ、行った人が絶賛していたので、興味があったお店。

お店の人に聞くと閉店20分前だったが、『すぐに帰りますから』とお願いすると、快く入れてくれた。

別にせかす様子もなく、感じのいいお店だった。
(でも、閉店時間過ぎに、さっさと帰りましたよ。(笑))

ここは名前からも想像できるように、銭湯を改装してカフェにしてある。
残せるところは残して(シャワーなんかも)、ほんと上手に改装してあると、感心した。

とてもオシャレな感じで、若い女の子には、絶対好かれるお店だと思う。
私は若くない女の子ですが(笑)、めちゃ気に入った〜

ただし、お値段は若干高めかな?
まあこの雰囲気だったら、仕方ありません。
それに、おいしいお紅茶だったし・・・

ただ、店内は撮影禁止なので、中の写真がありません。(^^;
お店のHPで見てね。



saganoyu.jpg
入り口からも、素敵な様子がうかがえると思う。
この写真は、クリックすると大きくなります。

========================================

daitokuji.jpg
大覚寺のライトアップ。
大沢池に心経宝塔が映ったところ。
とても幻想的で、美しかった。
でも、写真が下手で・・・(^^;

この写真も、クリックすると大きくなります。
posted by レイ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年11月26日

松籟庵(しょうらいあん)(嵐山)

先日の続き。

旦那が、嵐山の紅葉を見たいと言うので、手作り市の後、嵐山に行くことに・・・

人が多いのは覚悟の上だったが、もう、想像を絶するすごい人だった。(^^;

私は、この“松籟庵(しょうらいあん)”に、前から行きたくて、今度こそと計画していた。
(リンク先は、京都おこしやす.comのページ)

でも天気がわからないし、4日ほど前に電話したところ、3時半ならなんとかいける・・とのこと。
ん〜〜と思ったけど、とにかく予約した。

でも予約しておいて、ほんとによかった〜〜
とにかく、ほんとにほんとにすごい人で、どのお店も長蛇の列。(^^;
予約しておかなかったら、食事にありつけなかったかもしれない。(^^;


嵐山の川沿いを、ずっと歩いていくと、このお店の看板がある。

奥座敷というか、隠れ家というか・・・
すぐ下は、あんなにすごい人なのに、ここは靜かで別世界。

私たちが通されたお部屋は、液晶テレビがあったので、女将さんのお部屋?
窓から色づいた紅葉が見えて、床暖房も入れてあるし、もうほんとにほっこり♪

お料理は、3800円の一番お安いコースにした。
完全な精進料理ではなく、お肉やスモークサーモンも使ってある。

しかしドジなことに、肝心の湯豆腐の写真を撮るのを忘れた。(^^;
すみません。(^^;


shouraian.jpg
もうこの段階で、ワクワクする。(笑)

shouraian0.jpg
う〜ん・・・素敵〜

shouraian01.jpg
窓から川が見え、色づいた紅葉も・・・

shouraian1.jpg
まずは、食前酒(梅酒)とお豆腐。
豆腐は、細かい塩をつけて食べる。

shouraian2.jpg
前菜盛り合わせ。
いろいろ盛りだくさんで、ワッと目を見はる演出。

この後湯豆腐だったが、写真を忘れてしまった。(^^;
湯豆腐の量は、はっきり言って少ない。
ちょっと物足りなかったかな・・・

shouraian5.jpg
じゃこご飯と、揚げ出し豆腐。

shouraian4.jpg
お豆腐のアイス。
黒蜜がかかっている。

お料理だけを取り上げると、私は正直、
“西山艸堂(せいざんそうどう)”の方が好きである。
でも、雰囲気、居心地のよさを加味すると、
甲乙つけがたいなぁ・・・
迷うところです。(笑)

=======================================

ここからは、オマケ。
嵐山の様子を。

arashiyama.jpg
紅葉が美しい。
この写真は、クリックすると大きくなります。

arashiyama1.jpg
川もボートで大混雑。(苦笑)
この写真はクリックすると大きくなります。

ookouchi.jpg
お気に入りの大河内山荘。
ここは、入園料がちょっとお高いせいか
並ばずに入れた。(1000円抹茶付き)
この写真もクリックすると、大きくなります。
posted by レイ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年11月25日

賀茂窯(かもがま)(上賀茂)(再訪)

またまた、上賀茂神社の手作り市に行ってきた。
今回は7時過ぎに家を出て、9時半頃に到着。(笑)

後日紹介するが、このあと嵐山に行く予定で、嵐山での食事の予約がとれたのが3時半。(^^;
なので、早い時間に軽食を食べておこうということで、また、“賀茂窯(かもがま)”に、行ってきた。

前回の記事は、ここ。

前回気になっていた、漬けもんサンドを無事食べてきた。(笑)

私はおいしかった〜
パンに塩気の強いものっていうのが、きっと合うのね。
でも旦那は、『おいしいと言ったら言い過ぎや〜』って言うので、まあ好みかも・・です。(笑)

漬けもんサンドとハム&チーズサンドをとって分けて食べたが、飲み物とセットで、どちらとも1200円程度。


kamogamo2.jpg
ハム&チーズサンド。
ハムもチーズも
いいものを使ってあるらしくおいしい。

kamogama3.jpg
これが、漬けもんサンド。
小さいので、おやつって感覚でしょうか・・

========================================

ここからは、手作り市の報告。

tedukuri2.jpg
紅葉の中の手作り市。
お天気もよかったので、すごい人出。

tedukuri4.jpg
このブースは人が並んでいて、
思わず私も並んだ。(笑)

手作りクッキーで、値段もお安く
とてもおいしい。
並ぶのも納得〜って感じ。

あとは、前回買った、クッキーとパンも買った。

おかきは売り切れていて、残念だった。(^^;
次回はぜひ・・!(笑)
(って、また行くんかいな〜〜(笑))
posted by レイ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年10月31日

珈琲伽藍 (コーヒーガラン)(北山)

食事の後は、ぶらぶらと北山辺りへ・・・

まだお腹がいっぱいだが、どうしてもここに行きたかったので、無理矢理入る。(笑)


初めてここ、“珈琲伽藍 (コーヒーガラン)”を訪れたのは、去年だったかな・・?
(リンク先は、食べログ.comのページ)

値段を見たとき、一番お安いブレンドで800円。
ひぇ〜〜(高っ!)と思った。(笑)

でも一口、コーヒーを飲んだ瞬間、それはすっかり吹っ飛んだ。(笑)

濃厚でコクがあるのに、苦くない!

私はアメリカンが好みなのに、それでもおいしい〜と思えるというのは、かなりおいしいコーヒーということだ。


このときは母と行ったのだが、時々母は、『京都のあそこのコーヒー、飲みたいなぁ・・』と言う。

『コーヒー飲みに、わざわざ京都まで行ってられへん!』と私は言うが(笑)、京都に住んでたら、少々遠くても通うかもね。


検索していたとき、『京都で一番おいしい珈琲かもしれない』と書いてた人がおられたけど、納得〜


しかし・・・

このお店は、来るお客を選ぶと思う。

実際、前回来た時の他のお客さんは、高級車で乗り付けた、上品な感じの老夫婦。

今回も、同じく高級車で乗り付けた(笑)、スーツ姿の紳士。

店内は薄暗く、木で統一されたインテリア。
カウンターには深紅のバラ。

おトイレの窓にはステンドグラス。
そしてやっぱり、深紅のバラ・・・

BGMはジャズ。
旦那曰く、CDではなくレコードで、いい音を再現するために、かなり高価な音響設備・・だそうだ。

厳選されたコーヒー豆を、ていねいにていねいにドリップされたコーヒー。
その真剣さの気迫が、こちらにも伝わってくる。

“子どもお断り”とは書いていないが、これは絶対に、子ども連れでは行けない雰囲気。(^^;
もし間違って入ったとしても、一歩入った瞬間に、“ごめんなさい〜〜”と、後ずさりしたくなるだろう。(笑)

ここは、おいしいコーヒーを、静かに心ゆくまで楽しむお店。

大人のお店だけど、やかましくぺちゃぺちゃしゃべるおばちゃまの団体は似合わない。(笑)

反対に若い人でも、静かにおいしいコーヒーを味わいたい人には、いいお店だろう。


garan.jpg
川からすぐのところ。

garan1.jpg
ブレンドコーヒー(800円)
ロイヤルコペンハーゲンの器が
上品でいい。
posted by レイ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年10月30日

和食庵 さら(北大路)

上賀茂神社の手作り市に行った日の続き。

今回の目的は手作り市だが、一番大事なのはいつものように、もちろん食べること。(笑)

検索して検索して検索しまくって(笑)、ここ“和食庵 さら”にした。

理由は、お味もいい上に、コストパフォーマンスがすごくいいと評判だったので。

ここは、地元の人に愛されるお店だと思う。
実際この日も、法事の後のお食事らしい団体さんもおられた。

今回は、2625円のお弁当にした。(前日までの予約が必要)

せっかく京都に来たんだし、後で、何かおやつを食べようともくろんで、一番お安いお弁当にしたのだが、ダメでございました。(^^;
量が少ないどころか、お腹いっぱいに・・(^^;

で・・・おやつは断念いたしました。(^^;


その日に知ったのだが、9月から値上げされたようだ。
8月までは2250円だったらしい。@@
2625円でもお安いと思うのだが、2250円だったとは、信じられないお値段。

お弁当は、ひと口ずついろんなものが食べられて、楽しい。
難を言えば、全てが冷たいことかな?
できたての温かいものを食べたい場合は、3675円のミニコースがよろしいかと思います。

お味もなかなかいいし、何よりも、お手軽なお値段で、盛りだくさんのお料理が食べられる。
近くの人だと、普段使いにもいいお店だと思う。


sara.jpg
建物は、近代的な雰囲気。
フローリングで、
靴を脱いで上がるスタイル。
少人数だと、カウンターになると思う。

sara1.jpg
2段重ねのお弁当。
この写真は、クリックすると大きくなります。

sara2.jpg
ご飯と椀もの。
椀ものがおいしかった。

sara3.jpg
なんと、お菓子とお抹茶までつく。
お菓子は、栗もなか。


そんなに広くないお店なので、予約は必須です。
posted by レイ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年10月29日

賀茂窯(かもがま)(上賀茂)

週末、どこへ行こうと検索していたとき、京都の上賀茂神社で、手作り市を第4日曜日だけやっているのを知り、どうしても行きたくなって行ってきた。

その時の天気予報では晴だったのだが、当日はあいにくの雨。(^^;
でも、電話で聞くとやっているとのことだったので、雨の中行ってきた。

カフェや喫茶店で休憩するのが好きな、旦那&私なので(笑)、近くにいいカフェがないか、前もってチェック。

で、上賀茂神社からすぐの、ここ“賀茂窯(かもがま)”を覚えておいた。

案の定、雨で寒くなってきた旦那は、『どこかでお茶しよ〜』と。(笑)

余談ですが、昔の関西の男の子は、お茶することを『茶〜しばこ〜』って言ってませんでした?(笑)
最近の子は、言わへんなぁ・・・
しかし、“お茶をしばく”って・・・(笑)

横道に逸れましたが(笑)、ここ“賀茂窯(かもがま)”は、陶工房。
陶芸教室なんかもあるらしい。
で、2階がカフェになる。

靴を脱いで上がっていくのだが、ほんと、普通のお家みたい。
椅子席はほぼ満席だったので、奥の絨毯敷きの部屋に通された。

眺めはいいし、個室で、床に座ってほっこり〜〜
あまりに居心地いいので、帰りたくなくなってしまう。(^^;

私たちはコーヒーだけにしたが、軽い食事もできて、目を惹いたのが、
“漬けものサンド”!!
どういうお味か、一度味わってみたい気が・・・


kamogama.jpg
カフェっぽくないので、
通り過ぎてしまいそうになる。(^^;

kamogama0.jpg
テラス席もよさそう〜
鴨川のほとりなので、眺めがいい。

kamogama1.jpg
コーヒー。
値段は忘れました。(^^;
陶工房なので、器もこだわりが・・

=========================================

ここから、手作り市の報告。

tedukuri.jpg
雨でも、かなりの人出。
狭いので、傘がじゃまになって・・(^^;
店の数はかなりのもの。

tezukuri.jpg
味見したら、とてもおいしかったので
思わず2つ買ってしまったクッキー。
1パック600円。
口に入れるとホロッとくずれて、おいしい。
次回も絶対買いたい。

tezukuri2.jpg
萬さんの、手作りおかき。
1袋だと360円くらい(?)
3袋で1000円と言われたので迷わず3袋。(笑)
次回は6袋買いたい。(笑)

tezukuri3.jpg
天然酵母のパン。
奥のはオレンジピール入り。
おいしかった。


実はもうひとつタルトを買ったのだが、これはイマイチ・・(^^;
なので、紹介はやめておきます。

おいしいものを見分けるコツは、やっぱり並んでいるブース、人がたかっているブースかな・・?(笑)
皆さん、よくご存じのようなので。

この手作り市、ほんとに気に入った。
もちろん食べ物だけでなく、他のものも。

欲しかったもの(ガラス製品とか)も、いろいろあるが、これからまだ廻る予定だったので、断念した。(^^;
絶対、また行こうと思う。

食品は早くに売り切れると、どなたかのBLOGで書いてあったので、8時過ぎに出発して、10時に着いた。

しかし雨なのに、すでにもう結構な人出・・!@@
9時からなので、次回はもう少し早く行こうと思う。

次回は4時起きかな・・(笑)
posted by レイ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年08月10日

パティスリー オ・グルニエ・ドール(錦小路)

ここ、“オ・グルニエ・ドール”は、京都で、超有名&超人気なパティスリー。
(リンク先は、京都グルメマップのページ)

初めてここのケーキを食べたとき、おいしさに感動した。
今は、他にもおいしいパティスリーがいろいろできているので、感動するかどうかはわからないが、それでもおいしいことに違いない。

錦市場から入ったところにあり、錦に行く時には、よく買って帰る。
喫茶は非常に狭く、いつも満席なので、めったにここで食べることはなかったが、最近、少し向こうに、広い店舗ができた。
前よりも席数が増えたし、利用しやすくなったと思う。


gurunie0.jpg
前の店舗もまだあるので、
新店舗はそこで尋ねるといい。

gurunie.jpg
飾りもかわいい。

gurunie1.jpg
ピラミッド。
ここの看板とも言えるケーキ。
かなり濃厚。

gurunie2.jpg
私は、エスニック(だっけ?)
フルーツのタルトだが、香りがエスニック。
なるほど〜

gurunie3.jpg
ここは、タルトがお得意。
りんごのタルトなんかも
かなりおすすめ。
posted by レイ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年08月07日

西洋かっぽう 井田(先斗町)

ここ、“西洋かっぽう 井田”は、名前の通り、お店の雰囲気は全く割烹なのに、お料理は西洋料理。
でもお料理も、どこか日本料理を思わせるようなところもあって、日本人にはぴったりなお店だ。

ここは前から目をつけていて(笑)、今回、念願叶って行ってきた。
元、お茶屋の建物を使っているらしく、ここは大人のお店。

予約をしておいたからか、個室に入れてもらえた。
お店の人もとても感じよく、お味もよかったし、いい時間を過ごせた。
また何かの機会には、訪れたいな・・と思う。

今回は、5250円のランチコースで。


ida.jpg
先斗町から、少し入ったところ。

ida1.jpg
一品目は平目のカルパッチョ。
パンも。

ida3.jpg
コンソメスープ。
じゅんさいが入っているところが
和食っぽい。

ida4.jpg
魚料理はすずき。
淡泊だけど、おいしい。
タルタルソースがよく合っててる。

ida5.jpg
ヘレステーキ。
5000円のコースなのに、
おいしいお肉でビックリ!

ida6.jpg
パンも出たのに、ご飯も・・!
西洋料理でも、日本人はやっぱり
最後にご飯を食べたい。(笑)

ida7.jpg
デザートとコーヒー。
クリームブリュレが出て、
旦那は大喜び。(笑)
posted by レイ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年05月25日

桜田(仏光寺)

ここ、“桜田”は、四条烏丸近くのお店。
(リンク先は、食べログ.comのページ)

実家の母は、母の日に品物はいらないと言うので、いつも食事に連れて行く。
母の日にはちょっと早い4月に、かなり前から予約して行ってきた。

検索してみてみるとわかるが、いろんなサイトで、非常に評価が高い。
なので、かなり期待してしまった。(^^;
きっと、期待してなかったら、かなりよかったのだと思う。
だけどきっと、期待し過ぎちゃったのね。(^^;

決して、悪いというわけではない。
でも、メニュー構成には、ちょっと疑問が・・・(^^;
途中にお寿司が出てきて、それがかなりの量。
あとどのくらい出てくるかわからないし、全部食べてしまったのだが、最後には死にそうに・・・(^^;
しかもご飯物は天茶。
普通で考えても、これは無理だと思う。(^^;

店主の人は、名店・招福楼におられたらしく、お味はもちろんいい。
ただ、人気がありすぎるのが、災いしているかも・・・?(^^;
お店の人もバタバタするし、“カードが使えますか?”と聞いたときも、つっけんどんに言い返された。(^^;
悪気はないのかもしれないが、当然、あまりいい気はしない。(^^;

今回は、7000円のコースにしたが、行かれるなら5000円の方がいいかも・・?
大食の人は、7000円の方をどうぞ。(笑)


sakurada.jpg
ちょっとわかりにくい場所にある。

sakurada0.jpg
店内はあまり広くない。
いいお香の香りが・・・

sakurada1.jpg
まずは、黄身酢和え。
それと食前酒。

sakurada2.jpg
椀ものは、生麩としんじょ。

sakurada3.jpg
刺身は、柔らかめだが、
決して鮮度が悪いというわけではない。
私は、この方が好み。

sakurada4.jpg
ここでなぜか、お寿司。(^^;
お味はおいしいが、見ての通り量が多すぎ。

sakurada5.jpg
焼き物と八寸。

sakurada6.jpg
煮物は、まだ出始めのたけのこ。
日本料理は季節を先取りなのだ。
でもこの辺りから、お腹がいっぱいに・・(^^;

sakurada7.jpg
ご飯物は天茶。
とても無理です。(^^;

sakurada8.jpg
デザート。
和食にこういうデザートはどうかという声もあるが
私はいいと思う。
おいしいものはおいしいのだから。


おかみさんが外まで見送ってくださる。
そういう気遣いは、かなりポイント高いと思う。
posted by レイ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年05月18日

鳥市(嵐山)

4月の中旬に行ったお店です。(^^;

ここ“鳥市(とりいち)”は、“食べログ.com”で検索して知った。
(リンク先は、食べログ.comのページ)

嵐山に行くことが決まって、食事するところを探していたのだが、
旦那が前から、『地鶏のすきやきを食べたい』と言ってたので、もうここしかない!という感じでここに決めた。

評価が高かったが、ほんと納得・・!
この料理、この味で、この値段は安すぎる。
ほんとにおいしくて、しかも、嵐山はすごい人だったにもかかわらず、ここはとても静か。
穴場中の穴場って感じでしょうか?
おすすめです。
ただし、建物は、レトロ・・っていうか、昭和にタイムスリップした感じ。

水炊きか、すき焼きか選ぶ。
すき焼きは2500円。
水炊きは3500円らしい。
今回はすき焼きで。


toriichi.jpg
ここを知らないと、たぶん行かないだろう。

toriichi0.jpg
個室でくつろげる。
変な人が写っておりますが・・・(^^;

toriichi1.jpg
まずはお刺身。
おいしい〜〜
ほんとにおいしい。
地鶏だから歯ごたえがある。

toriichi2.jpg
お待ちかね、すき焼き。
水の代わりに、鶏のスープで。

toriichi3.jpg
味付けはかなり薄め。
素材の味を楽しむ。

あと、うどんかご飯かを選べるが
やっぱりうどんで。
いいだしを吸って、おいしかった〜〜


予約をしてから、どうぞ♪
posted by レイ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年03月22日

喫茶ソワレ(西木屋町)

京都の続きです。

ここ“喫茶ソワレ”は、本物のレトロな喫茶店。
(リンク先は、じゃらんのページ)

レトロ風ではない。
ここは、本物である。

ここに初めて行ったのは、まだ学生の頃だったかも・・・?
旦那も私も京都の学校だったので、遊びに行くときも、よく京都に行った。

その頃、シュークリームかプリンか、どちらか忘れたが、とにかく、巨大なのが名物だったと記憶している。
もちろん、私も食べました。(笑)
あ・・・ひとりで全部食べたわけではないので、念のため。(笑)

東郷青児の絵が飾ってあり、薄暗い雰囲気は、とってもロマンチック♪
京都の名店のひとつかな・・と、私は思う。


soware.jpg
ここのすぐ近くにも、“みゅーず”という
クラシック専門の喫茶店があった。
今はもうないけど、この辺りは懐かしい一帯。

soware2.jpg
ランプも東郷青児の絵も
椅子も全てが、素敵。

soware1.jpg
現在の名物、ゼリーポンチ。(600円)
色がきれいで、楽しい。
posted by レイ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年03月16日

クリケット(北区平野)

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日の京都の続きです。

お昼ご飯のあと、北野天満宮を散策して、第二のお目当て“クリケット”へ。(笑)
北野天満宮から、徒歩で15分くらい。

ここに初めて行ったのは、まだ結婚前。
雑誌に、“美智子妃殿下も召し上がられた・・”と書いてあったのに、心惹かれて。(笑)

以来、ずっと行ってなかったのだが、子どもが大学に行くようになって、数回買ってきてもらった。

ここのゼリーは、ほんとにおいしく、ずっと変わらない味。
いつもはグレープフルーツにするのだが(量が多いので(笑))、今回はお昼ご飯にグレープフルーツのゼリーが出てきたので、三宝柑にした。(650円)


kuriketto0.jpg
お店は、昔ながらの普通のフルーツパーラー
って、雰囲気。

kuriketto.jpg
果物のフタの果汁をぎゅっと絞り
洋酒を数滴入れて食べる。
固すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい固さ。


フルーツサンドもおいしそう・・・
ゼリー好きな人には、ぜひ試して欲しいお味です。
posted by レイ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年03月09日

おかもと 紅梅庵(上七軒)

京都の北野天満宮へ、梅を見に行って来た。

まず決めるのは、どこでお昼ご飯を食べるかということ。(笑)
それが一番大事だしね。(笑)

いろいろ調べた結果、ここ、“おかもと 紅梅庵(こうばいあん)”にした。

ここは昔、あまから手帖で見て知っていたし、値段も手頃だったので。
観光客の人も多いので、どうかな・・と思ったけど、結果は二重丸!

料理人の人も、結構な人数がいるそうだけど、ほんの少しも手を抜いていない、ていねいな料理で感心した。

ここのお昼は、梅の形をした器に入った、お弁当が中心。
紅梅弁当は3675円(サ別)。
そこに、てんぷらや茶碗蒸しをつけていくスタイル。
5000円台の白梅弁当もある。

旦那は、てんぷらも茶碗蒸しも、両方つけて4725円(サ別)。

私は、ちょっとお腹の調子がよくなくて、てんぷらと茶碗蒸しはなしで。
その代わり、+315円で、ご飯を蒸し寿司(冬以外はちらし寿司)にグレードアップした。

ビールを1本頼んで、全部で1万円ちょっと払った。
シーズンオフの平日なら、飛び込みでも行けるかもしれないが、予約しておくのが無難だと思う。


koubai.jpg
北野天満宮の東門のすぐ近く。
仕出し部門もあるみたいだ。

koubai0.jpg
小部屋の造りになっているが
相部屋になる。
空いていれば、個室になるんだろうけど。

koubai1.jpg
梅の暖かいそうめん。
ほんのり梅の香りがする。

koubai2.jpg
梅の形のお弁当。
何を食べてもおいしい。
お刺身の鮮度も、とてもよい。

この写真はクリックすると大きくなります。

koubai3.jpg
ちりめん山椒のかかったご飯と
お吸い物。

koubai7.jpg
デザートは、グレープフルーツゼリー。
ほんとにくずれそうなほどフルフル。
どうやって切ってあるのか、不思議だ・・・
ここまでが、基本のお弁当。(3675円)(サ別)

koubai5.jpg
旦那が頼んだ天ぷら。

koubai6.jpg
旦那が頼んだ茶碗蒸し。
あんがかかっており、おろし生姜が・・
天ぷらと茶碗蒸しがつくと、4725円(サ別)

koubai4.jpg
私は、ご飯の代わりに、
蒸し寿司で。(+315円)
あなごが入っており、とてもおいしい。
錦糸卵が糸みたい!

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

yakimochi.jpg
ここからは、おまけ。

紅梅庵のすぐ近くにある、天神堂。
焼き餅が大好きなので、
最初からここで買おうと・・・
餡が多くて、とてもおいしい。
これで1個100円は、すごくお安い。

tenmangu.jpg
北野天満宮は、学問の神様。

tenmangu2.jpg
梅園に入るのには600円いるが
絶対に行った方がいい。
とてもきれいだし、梅昆布茶&お菓子つき。

しかし、商売がうまい。
梅昆布茶がおいしかったので、
つい買ってしまった。(^^;


posted by レイ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年01月14日

市場小路(京都駅ビル)

ここ、“市場小路(いちばこうじ)”は、京都駅の伊勢丹の9階になる。
(リンク先は、ぐるなびのページ)

ここは、京都駅付近で晩ご飯を食べるとき、よく利用するお店。
一言で言うと、オシャレな居酒屋ダイニング?

窓際に座ると景色もよく、一品で好きなものが注文できるし、お味も感激するほどではないが(笑)、そこそこよい。
お値段も、ひとり3000円程度で、リーズナブル。

カップルにも家族連れにも、友達同士でも使いやすいので、当然ながら混む。(^^;
予約しようと電話すると、コースのみと言われたので、今回は時間をずらして4時半くらいに行った。
窓際に座れてラッキーだったが、みるみる間にいっぱいに・・・(^^;
なので、休日の食事時は、待つ覚悟で。


ichiba.jpg
伊勢丹デパートの9階。

ichiba1.jpg
生ビールセット。
生ビールとこれで、
1000円ちょっとと、リーズナブル。
するめのてんぷら、甘エビのからあげ
サーモン。
ビールは、ここのオリジナルビールにした。

ichiba2.jpg
私の好物のチーズフォンデュ。
おいしかった。

ichiba3.jpg
旦那の好物、たこの唐揚げ。

ichiba4.jpg
牛すじと京野菜。

ichiba5.jpg
サラダ。
湯葉なども入り、京都らしい。


あと、写真にはないが、炒飯と漬け物を頼んだ。
あと、ウーロン茶とグラスワインを頼み、全部で6000円ちょっと。
posted by レイ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2008年01月11日

西山艸堂(嵐山)

ここ、“西山艸堂(せいざんそうどう)”は、昔から通ってた、お気に入りの湯豆腐やさん。
(リンク先は、嵐山商店街のページ(詳しい地図は、お店一覧を参照)))

嵐山で湯豆腐は、何軒か行ったことあるけど、やっぱりここがおいしい。
お寺さんなので、雰囲気もあるし。
ただ人気の店なので、予約はしておいた方が確実。

料理はコース仕立てで、3150円の1種類。
内容も、20年以上前と変わらない。
そういうのがうれしいな・・

touhu.jpg
天龍寺のすぐ横。
京都らしい雰囲気。

touhu1.jpg
ごま豆腐とひろうす。
ごま豆腐は普通、わさびが添えてあるが
ここはショウガ。
これもなかなかおいしい。
あと、ひろうすはゆり根もいっぱい入ってて
とてもおいしい。

touhu2.jpg
八寸かな?
ゆり根の梅肉、揚げのお寿司、なすの田楽。

touhu3.jpg
精進揚げ。
大きいのは、とろろ芋を海苔で包んだもの。

touhu4.jpg
メインの湯豆腐。
有名店・森嘉の豆腐で、
もめんなのに、柔らかい。

あと、ご飯と漬け物がつく。
posted by レイ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2007年09月10日

京料理 山水(ホテルセントノーム京都)

2008,7,1に再訪しましたが、正直言ってがっかりしました。(^^;
ひょっとしたら、内閣総理大臣賞をとられた料理長の人は、もうおられないのかも・・?(^^;(未確認)
でも、この記事を見て行かれる方がおられると、責任を感じるので、正直にお知らせします。


ここ“山水”は、駅前にある、ホテルセントノーム京都の中にある、和食レストランだ。
内閣総理大臣賞を受賞した料理長と書いてあったので、かなり期待して行くことに。
(でも、今は書いてないけど、何故だろ・・?(^^;)

食べたのは、御所弁当(3670円)
お昼ご飯には、値段も手頃だし、お勧め。
少しずついろんなものが入っていて、楽しめるし、何を食べてもとてもおいしい。


sansui.jpg
お刺身から天ぷらまで
いろんなものが入っている。

この写真は、クリックすると大きくなります。


sansui1.jpg
ご飯は,とうもろこしご飯。
初めて食べたけど、香ばしくておいしい。


sansui2.jpg
デザートのゼリーもおいしい。


京都駅近くでご飯を食べるときには、絶対お勧めです。
posted by レイ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内

2007年02月25日

盛京亭(せいきんてい)

今日、紹介する“盛京亭(せいきんてい)”は、実はうちの旦那が、京都で一番好きなお店。
(リンク先は、グルメウォーカーのページ)
なので、京都に行ったときは、いつもここに行くことになり、新しいお店が開拓できない。(苦笑)

ここの特徴は、京風中華とでも呼ぼうか、とにかく極限まであっさりなこと。
だから、普通の中華料理とは、ひと味もふた味も違う。

お店の雰囲気は、非常に庶民的で、普通の民家のよう。
豪華な中華料理屋さんを想像すると、びっくりするので念のため。(笑)


seikin0.jpg
祇園の路地の奥にある。
気をつけないと見過ごしてしまう。
失礼だとは思うけど、
この外観から、あの味は想像できない。(笑)

seikin2.jpg
これははずせない!
冷たい野菜炒め。
お味の感じは、和え物かな?
私の大好物だけど、
売り切れで食べれないことも多い。(^^;

seikin.jpg
これは、子どもの大好物のかに玉。
1つじゃ足らなくて
よく追加注文したっけ・・・

seikin1.jpg
えびの天ぷら。
とにかく、プリプリ!

seikin5.jpg
フカヒレスープ。
真っ白で、とにかくあっさり。
上品この上ない感じ。

seikin3.jpg
チャーシュー麺。
少し甘めで、独特のお味。

seikin4.jpg
チャーハン。
たぶんだけど、
具を甘辛く煮付けてあるのではないかと思う。
これも、独特のお味。


これにビールを1本頼んで、全部で(2人で食べた)7000円台。
手頃なお値段です。
posted by レイ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・市内