2014年09月04日

ポンテメール(兵庫・淡路島・ハイウエイオアシス内)

先日の続き。

たこの姿焼きを食べた後は、一番の目的、国営明石海峡公園に行きます。

チューリップはほんとにきれいで、感動ものでした。
後で紹介しますね。


さて・・・

見学した後は、私にしては遅いめの昼食。(笑)
ここ、“ポンテメール”に、一度行ってみたかった。

ハイウエイオアシスの中にあるので、ここで食事後、そのまま帰るのが都合いいと思い、遅い目に行ったというわけ。


ここはハイウエイオアシスの敷地内にあるんだけど、オアシスから入り口が見えないので、ここを知らないと、まず行かないだろう。
このお店にとっては、損な立地条件だけど、行く方にとっては穴場かも・・?

食事時間どきだともちろん混むんだろうけど、私たちは1時過ぎてから行ったので、すぐにご案内〜


広々と贅沢な造りで、眺めもよい。
優雅な気分になれるレストラン。


今回注文したのは、カジュアルランチセット。
これは、前菜、スープ、パスタ(orピザ)、ドルチェで2300円。
高いパスタやピザを選んだ場合は,差額を支払えばいい。

私は、淡路島創作料理コンテストで最優秀賞をもらったという、海の幸の宝楽焼パスタを一度食べてみたかったので、830円プラスしてそれに。
旦那は好物のボンゴレビアンコにして、210円プラス。
後、飲み物は別なので、コーヒー2つ。
全部で6060円のお会計。

お味は普通においしかったです。
ただ、宝楽焼パスタは、期待し過ぎましたかね。(笑)
普通の、海の幸が入ったトマトソースパスタでした。(笑)


pontemeru.jpg
ハイウエイオアシスの入り口から,少し離れている。
なかなかオシャレなレストラン。

この写真はクリックすると大きくなります。



pontemeru0.jpg
いい眺めです。
窓際だとよさそう〜

この写真もクリックすると大きくなります。



pontemeru000.jpg
中庭もあって、贅沢な造り。

この写真もクリックすると大きくなります。



pontemer1.jpg
まずは前菜とスープ。
玉ねぎの甘さが半端ない。
どれもおいしく作ってある。

この写真もクリックすると大きくなります。



pontemeru2.jpg
旦那の注文したボンゴレビアンコ。

この写真もクリックすると大きくなります。



pontemeru3.jpg
海の幸の宝楽焼パスタ。
ボリュームがすごいので、旦那にも食べてもらった。
どうしても味が飽きてくるので、分けて食べる方がいいかも。

この写真もクリックすると大きくなります。



pontemeru4.jpg
ドルチェと、単品でコーヒーも。(+210円)

この写真もクリックすると大きくなります。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは、国営明石海峡公園の写真を・・

akashikouen2014_1.jpg
ここは、色の取り合わせが、すごくいい。
センスあると思う。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen2014_2.jpg
見事ですね〜

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen2014_4.jpg
チューリップの草原って感じ。
すごいです。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen2014_5.jpg
このトピアリーは、一種のシンボル的存在。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen2014_6.jpg
シンボルといえば、
もちろん明石のたこも外せません。(笑)
はちまきしているところがユニーク。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen2014-3.jpg
チューリップと風車は似合います。

この写真もクリックすると大きくなります。


次に淡路島に行く時は、あじさいの頃がいいなぁ・・・


終わり。
posted by レイ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2014年09月03日

やま高(兵庫・淡路島)

4月の話題ですみません。(^^;

淡路島は花のきれいなところでお気に入り。
チューリップの時期に、一度行ってみたかった。

ということで、天気はあまりよくなかったんだけど、花の命は短くて・・なので、思い切って行ってきた。(笑)
まあ〜、それはそれはきれいでした。
行ってよかった!
後で紹介しますね。


さて・・・
この日は日曜だったので、晩ご飯は家で食べるつもりで、淡路島での食事を計画。(オーバーな・・(笑))

一番は、あわじ花さじきに行って、その後、一度食べてみたかった、たこの姿焼きを食べに、道の駅 東浦ターミナルパークへ行く。

ここに入っている“やま高”のたこの姿焼きは、ほんとにたこ1匹丸ままを焼く。
そのビジュアルは、ほんとすごい。(笑)

たこせんべいのせんべいの部分(小麦粉+味付け?)の素を流して焼くので、お味は生っぽいたこせんべいという感じ。

代金は1050円。
かなり量が多いので、3人くらいで食べると、ちょうどいいでしょうね。
ビールが飲める状況だったら、ぜひビールといっしょにどうぞ。


yamataka.jpg
東浦ターミナルパーク。
おみやげもいろいろ買える。

この写真はクリックすると大きくなります。



yamataka2.jpg
プレス機で、ジュッと焼きます。
豪快〜!

この写真もクリックすると大きくなります。



yamataka3.jpg
ビジュアルがすごい。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



yamataka4.jpg
食べやすいように切ってくれる。
おいしいですが、ふたりではきつい。(苦笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは、あわじ花さじきの写真を少し・・

hanasajiki2014_1.jpg
菜の花のじゅうたんが、すごい!

この写真もクリックすると大きくなります。



hanasajiki2014_2.jpg
天国に続く道・・といった感じ。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



hanasajiki2014_3.jpg
展望台から見ると・・・
ここのゾーンは季節によって、
いろいろな絵に変わり、楽しい。

この写真もクリックすると大きくなります。


続く・・
posted by レイ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年09月18日

香港GARDEN(ガーデン)(兵庫・淡路島・淡路市)

〜淡路島の旅2日目 Part3〜

お盆に淡路島に行って来た。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


先日の続き。


さてさて、最後の夕食は、“香港GARDEN(ガーデン)”

先ほどの国営明石海峡公園から、ほんの数分。

口コミでも評判よかったし、ぜひとも行ってみたかったので、かなり前から予約しておいた。


お店は、西洋風テイストの素敵なインテリア。


今回食べたのは、一番お高い、淡路島の素材を使った特選淡路島コース。(5250円)
せっかく行くのだからと思ったもので。

でもこれは、ちと欲張りましたな。(^^;
とにかく量が多くて・・(^^;

それに、スパイスを多用した個性的なお味なので、途中でしんどくなってきて・・・(^^;
残してしまってもったいないことをしました。(^^;

初めて行かれる場合は、まずはお安いコースから試されるのがいいでしょう。
いい素材を使っているし、満足感も高いと思います。


honkon.jpg
お店の前が駐車場。

この写真はクリックすると大きくなります。



honkon0.jpg
素敵な店内。

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon1.jpg
まずは、穴子のエスカベーシュと淡路牛のローストビーフ。
おいしいです。

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon2.jpg
鱧の落とし、2腫。

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon3.jpg
ツバスの香港式焼霜造り。
中華風カルパッチョという感じ。
おいしいです。

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon5.jpg
蒸し点心3腫。

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon4.jpg
フカヒレ入り香港式薬膳スチームスープ。
薬膳ということで、スパイスが利いている。
かなり個性的なお味。
この辺りからお腹が膨れてきて・・

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon6.jpg
淡路牛ミスジのステーキ。
これは文句なしのお味。
さすが淡路牛はおいしいです。

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon7.jpg
卵白のロワイヤル 鱧のフリット かぼちゃのソース。
茶碗蒸しにかぼちゃのソースをかけた感じ?(笑)
しかしかなりのボリューム。
やさしいお味だけど、完食は無理でした。(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon8.jpg
淡路牛バラ煮込みチャーハン
おこげとシャンタンスープ添え。
スパイスが利いていて、かなり個性的なお味。
お腹がいっぱいなので、ちょっとしんどい・・(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。



honkon9.jpg
デザート盛り合わせ。
すごいボリューム!って思ったけど
やっぱりデザートは別腹らしい。(笑)
ココナッツブリュレ、豆乳入り杏仁豆腐
玉ねぎのパウンドケーキ、カスタード餡入り桃まんじゅう。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


さて・・・

楽しかった淡路島の旅も、もう終盤です。
前回も行った、あわじハイウェイオアシスへ・・・

ここでコーヒーを飲み、お土産を買います。


awajihaiuei.jpg
帰りに寄るのに便利です。

この写真もクリックすると大きくなります。



awajihaiuei1.jpg
行きしな乗った観覧車も、ライトアップされてきれい。

この写真もクリックすると大きくなります。



omiyage.jpg
おみやげも紹介。
淡路島と言えば玉ねぎで、おいしそうと思って買ったラーメン。
まだ食べてないので味はわかりましぇん。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



omiyage1.jpg
しそが利いた玉ねぎのお漬け物。
さっぱりでおいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



omiyage2.jpg
息子へのおみやげ。
たこ飯の素はいろいろあるけど、私はこれが好き。
干したたこを使ってあるので、旨味がある。
具はほとんどありませんが。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。


帰りは渋滞にはまったけど、でも2時間ちょっとで帰れました。



前回行ったときは北の方しか行かなかったので、そんなに思わなかったけど、今回は南の方まで行ってみて、感じたこと。
淡路島は神戸からすぐだけど、海を渡るだけで、こんなに田舎なんだなぁ・・と。
でもそれだけ自然もいっぱいです。


おいしいものにも恵まれ、旅行するにはピッタリなところ。
花を見るところもスケールが大きいし、案外近いし、また行きたい!

今度行ってみたいのは、コスモスの頃と、チューリップの頃。
水仙の頃も魅力的だけど、すごく混むとか・・(^^;
でもいつか行ってみたいですね。


さて・・・
淡路島の旅行記も、今回で終わりです。
次回からは、いつもの記事に戻ります。


                          終わり。
posted by レイ at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年09月17日

ベルレーヌ(兵庫・淡路島・淡路市・パルシェ香りの館内)

〜淡路島の旅2日目 Part2〜

お盆に淡路島に行って来た。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


先日の続き。

目指すは、パルシェ香りの館


でもその前に、途中の、たこせんべいの里に、ちと寄り道。(笑)

ここはせんべいの製造直販の施設。
この日はお盆なので見れなかったけど、工場の様子を見ることもできる。


そしていいところはなんといっても、全種類のおせんべいを味見して買えること。

好みのものを厳選して買えるし、これはかなり販売促進になってますね。
みんな、紙袋を両手に、すごい量を買っていた。@@


驚いたのは、味見してみたら、かなりおいしいこと。
こういうタイプのものは昔からあるお菓子だし、もちろんいろんなところで買えるけど、こんなにおいしいと思ったことがなかった。

パンフレットを読んでみたら、作りたてが一番おいしく、日を追うごとに劣化していくそう・・・(^^;
なるほど・・・
できたてだから、こんなにおいしいのか・・・

特に暑い車内に置いておくと、数十日経ったくらい劣化すると書いてあった。(^^;
なので途中、コンビニで、凍ったペットボトルを買い、いつも車内に入れている保冷袋にしまっておく。


奥には紙コップだけど、コーヒーを自由に飲めるブースもあって、しばし休憩・・・


tako.jpg
観光バスも入ってきてて、人で溢れかえっている。
近くを通るなら、ぜひ行きましょう。

この写真はクリックすると大きくなります。



tako1.jpg
たくさん買っても食べきれないので
うちはちょっと買っただけですが。
すぐになくなりました。(笑)
通販もできるので、また買おうかな・・・

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



さていよいよ、お昼ご飯を食べようと予定していた、パルシェ香りの館に向かいます。


ここはハーブを植えてあり、それを使った体験コーナーや、レストラン、ハーブの温泉、宿泊施設などがあるところ。


今日の昼食は、ここのレストラン、“ベルレーヌ”

何時に到着できるかわからなかったし、予約なしで行くと、やっぱり満席。(^^;
15分くらい待ったかな?


入ってみたら、かなり大きな場所だけど、席はそんなにない。
きれいな店内だし、贅沢な席の配置。
おそらく、料理を作る人が少ないんでしょう。


食べるのは、淡路ハーブハンバーガーセット(1050円)と決めていた。
夜は中華のコースを予約してあるし、昼は軽くチープに・・・(笑)
それに、あわじバーガーって、食べてみたかったしね。


お味は普通においしかった。
軽いランチにピッタリ。


parushe.jpg
レストランを庭から眺めたところ。
なかなかかわいい建物です。

この写真はクリックすると大きくなります。



parushe0.jpg
待つところに椅子もあるし、
ぶらぶらしてたら、すぐに時間は経つ。

この写真もクリックすると大きくなります。



parushe1.jpg
飲み物も、サラダもポテトもついているので、これだけでOK。

この写真もクリックすると大きくなります。



さて・・・
お腹もいっぱいになったところで(笑)、お次は園内の香りの湯へ・・・

最近、歳のせいか、遠くに出かけると日帰り温泉に入りたくなるんだけど(笑)、ここはハーブ湯があるということで、絶対行きたかった。

もちろん写真はありませんが、HPで見てくださいね。


ここの施設は高台にあり、露天風呂も眺めがいい。
しかも、ハーブ風呂はいい香りだし・・・

ただ炎天下なので、暑くて暑くて・・(^^;
夏は長湯はできません。(^^;


旦那はなかなか出てこなかったので、休憩場にあるマッサージ機をしたりして、時間をつぶす。

その後旦那が出てきたので、花の苗を売っている温室で、ランべーダーソフトを買って、分け分け。


parushe2.jpg
私たちにとっては、ひとり1個は多いので
ふたりで分け分け。
ケチってるわけではありませんが。(笑)
お味は、前になばなの里で食べたのと同じような感じ。

この写真もクリックすると大きくなります。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


おみやげ屋さんを覗いたりして、その後、こちらともお別れ・・・

淡路鳴門自動車道で、淡路島の北の方まで戻ります。
目的地は、前回も行った、国営明石海峡公園


ここはかなりの広さだが、ほんとにきれいにしてある。
さすが国営です。

季節ごとに風景が違うし、行く度に行きたいところです。


akashikouen.jpg
明石のたこがお出迎え。(笑)

この写真はクリックするとおおきくなります。



akashikouen1.jpg
今回は、ボートに乗ってみようと・・・
エサも購入。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen2.jpg
出発してまもなく、ガーガーさんが
群れをなしてやってきた。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen3.jpg
ガーガーさんは、すごい食欲。(^^;
エサがあっという間になくなりそうだったので、
しばし休憩していたら・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen4.jpg
次のボートめがけて、行っちゃいました。(^^;
薄情やねぇ・・・(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen5.jpg
ひまわりが満開です。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen6.jpg
夏でもきれいに咲いています。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashikouen7.jpg
ここからの眺めが一番好き。
美しい〜〜(*v.v)

この写真もクリックすると大きくなります。


さてさて、夕ご飯の予約も近づいて来たので、ここを出発いたします。


                          続く・・・




posted by レイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年09月16日

喫茶 からすま(兵庫・淡路島・南あわじ市・福良)

〜淡路島の旅2日目 Part1〜

お盆に淡路島に行って来た。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


先日の続き。

民宿を後にした私たちは、もちろん、コーヒーを目指して・・・(笑)

しかし、この辺りでは、喫茶店もカフェもない様子。(^^;


なので、ガイドブックに載っていた、福良港の近くの“からすま”へ・・・
(リンク先は純喫茶コレクションさんのページ)


ガイドブックの記事で目を惹いたのは、“故 夏目雅子さんも訪れた・・”というところ。

偶然なんだけど、奈良に帰って数日後、瀬戸内少年野球団という映画をテレビで観てて、ふと、この映画の撮影で来てたんじゃないの・・?と思い、調べてみると、やっぱりそうだった。

なんか、うれしくなった。(笑)


ここはレトロな純喫茶。
ステンドグラスが美しい。

そして、店の人もお客さんも、かなりレトロ。(笑)(失礼!)
年配の人の憩いの場になっているんでしょうかね。


調度品もなかなか素敵なんだけど、お掃除がね・・・(^^;
年配の方の経営みたいなので、仕方ないのかもしれません。

壁には京都に関係のあるものが多数飾ってあり、店名も“からすま”ですし、京都にゆかりのある方の経営なんでしょうか・・・
未確認ですが。


コーヒーのお味は、まあ普通。
でも、夏目雅子さんもここでコーヒーを飲んだんだな・・って思うと、なんか感慨深い。
特にファンの方なら、是非。


karasuma.jpg
かわいいお店。
車は店の前へ。

この写真はクリックすると大きくなります。



karasuma1.jpg
熱帯魚もいます。

この写真もクリックすると大きくなります。



karasuma2.jpg
コーヒーのお値段は忘れちゃったけど、まあ普通だったと思う。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


さて、その後、すぐ近くの福良港に向かう。

ここは観潮船の、淡路島からの乗り場。
他に、おみやげやさんや足湯もある。


hukura.jpg
後ろが観潮船。
なかなかカッコイイ。

この写真はクリックすると大きくなります。



hukura1.jpg
海産物店で買った、たこの干物。
2匹入った袋を3袋で1000円と、格安!
干しダコでたこ飯を炊くと、いいだしが出て、ほんとにおいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


さて・・・

来た道を途中まで戻り、大鳴門橋記念館に向かう。
10分くらいかな?

ここでは、うずしおについての3D映像の、うずしおシアターが目玉かな・・
でも、できたのはかなり前かも?
映画館での3Dを見慣れた者としたら、古いといった感が否めないけど・・・(^^;

でも内容は、すごくよくできていると思う。
むかし話風にしてあって、うずしおというものが、子どもでもよくわかるような内容。
しかも大人でもおもしろい。


同じ館内で、トリックアート展もやっていたので、もちろんそちらにも入る。


oonaruto.jpg
売店やレストランもある。

この写真はクリックすると大きくなります。



oonaruto1.jpg
ここからはトリックアート展。
誰や〜〜!?
姉妹でっか〜?なんて言うのは・・・!!(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



oonaruto2.jpg
くじらをおんぶするのは、かなり重いことでしょう・・(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



oonaruto3.jpg
象もかわいがり・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



oonaruto4.jpg
シマウマにもエサをやって・・・

この写真もクリックすると大きくなります。



oonaruto5.jpg
最後には、ウミガメとキスまでしてしまいましたがな。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



oonaruto6.jpg
前日も飲んだんだけど、このすだちサイダーがお気に入り。
さっぱりで、夏にはピッタリ。

この写真もクリックすると大きくなります。



oonaruto7.jpg
最近、飲む酢に凝っており
買って帰った、飲むすだち酢。
おいしいけど高いです。(^^;(1050円)
数回飲めばなくなっちゃった。(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。


さて・・・
次は、お待ちかねの、お昼ご飯を食べる場所に向かいます。(笑)


                   続く・・・・
posted by レイ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年09月15日

民宿 坂口荘(兵庫・淡路島・南あわじ市・阿那賀)

〜淡路島の旅1日目 Part3〜

お盆に淡路島に行って来た。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


先日の続き。

今回のお宿は、“坂口荘”
(リンク先は楽天トラベルのページ)

淡路島で手頃なお値段で、料理がおいしく・・となると、民宿になるみたい。
民宿は長いこと泊まってなかったけど、息子が去年、民宿に泊まって、よかったと言ってたので、まあ久しぶりに泊まってもいいかな・・と。


楽天トラベルで見つけたこちらは、とにかく料理に関しては、皆さんベタ褒め。
しかも、お盆なのに平日と同じ料金。
これはお得です。

1泊2食付きで、ひとり10500円。
この料理でこのお値段って、ほんと信じられないくらい。


私たちは1階の2つのお部屋を、なんと貸し切り。(他の人たちは2階)
1階は2部屋あって、1部屋は食事用。
食べている間に、お布団を敷いてもらえます。

この時私は足が痛かったこともあって、1階ですごく助かった。
しかも1階は私たちだけなので、ものすごく靜か。

旅行に来たとは信じられないくらい、ぐっすりと寝ました。(笑)
寝過ぎで翌日は頭が痛かった。(笑)


料理に関しては、ほんと文句なし。
鯛の活け作りはもちろんおいしかったけど、その残りで作ってくれた宝楽焼が、信じられないくらいおいしくて・・・


ただ難点は、設備かな・・・(^^;
お風呂はうずしお温泉で、泉質もよく、広さも家族全員で入れるくらい十分なんだけど、なぜか洗面所がお風呂の脱衣場にあって・・・

朝から他の家族の人が、次々にお風呂を占領しちゃって、顔が洗えない・・!!(^^;
あまりに時間がもったいないので、結局はトイレで顔を洗いました。(^^;
これには閉口・・・(^^;

後、ここに限らず、淡路島ではウォッシュレットがほとんどない。(^^;
ウォッシュレットどころか、ここの民宿では、洋式トイレは、1階に1つあるだけ。(^^;

今回つくづく思ったんだけど、淡路島って、やっぱりかなり田舎です。(^^;
でもそこがいいところなんですけどね・・・



さて・・・
到着したのは私たちが一番最後だったようで、他の家族は全部お風呂に入られたとか・・
なので到着早々、お風呂に入り、運転の疲れ&汗を洗い流します。

そしてお風呂から出て一服したら、お待ちかねの夕食〜〜♪(笑)


sakaguchi0.jpg
食事する部屋。
寝る部屋も同じような感じ。
もう少し明るいですが。
1家族で2部屋も使えるなんて、贅沢〜〜
冷蔵庫はないけど、テレビとクーラーは完備。

この写真はクリックすると大きくなります。



sakaguchi1.jpg
小鉢物は、蛸やイカを使ったもの。
もずくもおいしい。
もちろん、ビールもいただきます。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi2.jpg
でましたっ!
鯛の活け作りの舟盛り。
さざえもついてます。
やっぱり鯛はおいしい〜〜
たまに飛び跳ねることもあるそうで、
『顔をこっち向けときますね〜』と・・
飛び跳ねるところを見たかったけど、
残念ながら、この子はおとなしい子でした。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi3.jpg
女将さんは料理がお上手で、天ぷらもカラッと揚がっておいしい。
ハモや野菜など。

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi4.jpg
活け作りの半身は、宝楽蒸しにしてくれます。
これが信じられないくらいめちゃウマ!
鯛の甘味がすごいです。

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi5.jpg
味噌汁と茶碗蒸し。
お腹いっぱいなんだけど、ご飯も少し食べちゃいました。(笑)
淡路島のお米もおいしいと、何かで読んだので。

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi8.jpg
食後のデザートはすいか。


運転で疲れていたとは思うんだけど、ビールがことのほかまわって、しばらくしたらウトウトと・・・(^^;
で、途中で着替えて、そのまま就寝。(笑)
9時頃には寝てたと思います。(笑)

寝過ぎやっちゅーねん・・・(ーー;)


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

sakaguchi6.jpg
さてさて、晩ご飯をあれだけ食べても、
やっぱり朝になるとお腹が空きます。(笑)
夕食も朝食も、こちらのいい時間にしてくれるからありがたい。
朝ご飯はオーソドックスな和定食。

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi7.jpg
朝はこれくらいがいいですね。
胃腸も疲れているし。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



sakaguchi.jpg
民宿の前で、記念撮影。(笑)
また行きたいな〜

この写真もクリックすると大きくなります。


民宿を後にして、お次はモーニングコーヒー目指して出発〜♪(笑)


                        続く・・・・
posted by レイ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年09月14日

すえひろ緑店(兵庫・淡路島・南あわじ市)

〜淡路島の旅1日目 Part2〜

お盆に淡路島に行って来た。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


先日の続き。

お昼ご飯を食べた後は、どうしてもコーヒーが飲みたい。
どうせコーヒーを飲むなら、ケーキ付きにしたい。(笑)

ということで、予め調べておいた、“すえひろ緑店”へ。
(リンク先は食べログのページ)


松葉寿司から、ほんの数分で到着。

お店は広々していて、パティスリーのイートインというよりも、カフェといった感じ。
時間はまだ12時台だったので、貸し切り状態。(笑)


淡路島では有名なお店みたいだけど、ちと期待し過ぎましたな。(笑)
神戸が近いので、つい、高レベルのスィーツをイメージしてしまう。

でも、なんせ、値段もお安いですから。(ケーキで300円台)
地元の人に愛される、街のケーキ屋さん・・といった位置づけでいいのではないでしょうか・・

イートインでケーキを食べると、なんとジェラートもサービス。
太っ腹です。(*^^*)


今回、ケーキをひとつずつと飲み物を注文して、二人分で1260円。
安い〜〜
都会だと、ひとり分でこれくらい取るお店もありますよね。


でも、帰ろうとレジに行ったとき、誰もいなくて、呼んでもなかなか出てこない。
食い逃げできそうな雰囲気でした。(笑)
のんびりしています。(笑)


suehiro.jpg
国道添いのお店。
駐車場もあるから安心。

この写真はクリックすると大きくなります。



suehiro0.jpg
お店の中も広々していて、席数も結構ある。

この写真もクリックすると大きくなります。



suehiro1.jpg
旦那はいつもショートケーキ。
オーソドックスな感じ。

この写真もクリックすると大きくなります。



suehiro2.jpg
私はいちぢくのタルトで。
下の台が、ちょっと??って感じでしたが。(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。



suehiro3.jpg
ジェラートがサービスで、しかも種類が選べる。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


お腹も超いっぱいになって(笑)、一気に鳴門市を目指します。


淡路鳴門自動車道のインターまででも結構かかった。
目的地まで一時間以上かかったかも?
でも、車窓からの眺めは目新しく、楽しかったですが。


さて・・・
目指すは鳴門市の、ガレの森美術館
(リンク先は、71歳のホームページさん)

私はアールヌーボーが大好きなので、ガレの美術館も行ってみたかった。
でも、思ったより作品は少なく、ちと残念・・・(^^;


gare.jpg
やっぱり風格がありますね〜

この写真はクリックすると大きくなります。



gare1.jpg
こちらでは、写真撮影が可。

この写真もクリックすると大きくなります。



gare2.jpg
人手不足かな?
監視員はお人形が務めます。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


さて・・・
次に目指すは、いくつかの施設や、観潮船の乗り場のある、鳴門公園
(リンク先は鳴門NAVIのページ)


鳴門と言えば渦潮だが、ここはその渦潮のすぐ近くで、かなり昔からある観光地に違いない。

とにかく、すごい車で溢れかえっている。(^^;
まあ、お盆だったしね・・・


駐車場もどこも満車だけど、無料臨時駐車場&シャトルバスという看板を見つけ、そこに駐車することに・・・
これはなかなか便利でした。
人出が多そうな時、限定みたいですが。


渦の道大鳴門橋架橋記念館 エディエスカヒルと、行ったけど、一番おもしろかったのは、渦の道かな?
大鳴門橋の橋桁の部分に作られた遊歩道で、スリルもあって、なかなかおもしろい。

大鳴門橋架橋記念館 エディは子ども向きかな?
家族連れだと楽しそう。

エスカヒルは、要するには展望台。
眺めはよかったけど、風のきつさは尋常じゃない。(^^;


uzu.jpg
渦の道も、横が開いているので、すごい風。@@
ほとんどの人はパンツだけど、中にはスカートの人も・・(^^;
そんな人は、裾を押さえるのに必死。(^^;

この写真はクリックすると大きくなります。



uzu1.jpg
下が見えるところもあって
落ちないとわかっていても、怖くて乗れましぇん〜(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



esukahiru.jpg
エスカヒルからの眺め。
とてもきれいだけど、尋常じゃない風のきつさ。(^^;
自分の髪の毛が顔にバシバシ当たって痛いし
目も開けていられない。(^^;
早々に退散しました。(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。


さて・・・
この後シャトルバスに乗り、駐車場まで戻って、すぐ近くのうずしお観潮船の乗り場へ・・・


私は最初、なんか酔うような気がして乗り気じゃなかったんだけど、旦那が『大きな船だし酔わないし、乗ろう!』と、あまりに何回も言うので、乗ることに・・・


観潮船は、淡路島出発の船と、鳴門市から出発するのとあるけど、淡路島出発の船は、うずしおまで遠い分だけ、1時間乗る。
鳴門から出発の船だと30分乗るだけなので、こっちを選んだというわけ。

鳴門出発の船も、もっと小さい船のところもあるんだけど、絶対揺れますよね。(^^;
迫力はあるでしょうけど。
なので、大きな船のこちらで。


渦潮は一日中見れるわけではなく、満潮、干潮の1時間くらいずつ前後の船に乗らなくてはならない。
その日は4時台だったので、その頃出発の船に乗ることは決めていた。


で、様子がわからないし、実は鳴門公園に着いて一番最初に、切符を買いに来た。
しかし、“時間指定の切符ではないので、乗る船の出発時間、30分くらい前に来て並んでください”ということ。

うぅむ・・・並ぶんかいな・・・(^^;

切符も買って乗れなかったら大変なので、45分くらい前から並ぶ。(^^;
乗るまでに疲れましたわ。(^^;


でもまあ、天気もよかったし、楽しかった。
渦潮なのか、波なのかは、よくわからんかったけど。(笑)


hune.jpg
上の方は1等船室で、2500円。
何の説明もなかったので、私たちは普通の切符(1530円)
まあ、説明があっても、安い方にしたでしょうけど。(笑)
でも上の方だと、もっとよく見えたと思う。

この写真はクリックすると大きくなります。



hune1.jpg
早くに並んだのに、渦潮が見えるのは反対側で
結局移動するはめに・・・(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。



hune2.jpg
これが渦潮らしいけど、波立っているだけのようにも見えるし、
よくわからん。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。


さて、下船した後は、お宿に直行します。


                  続く・・・・
posted by レイ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年09月13日

松葉寿司(兵庫・淡路島・南あわじ市(洲本))

〜淡路島の旅1日目 Part1〜

お盆に淡路島に行って来た。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


春に淡路島に行き、非常に気に入った私たちは、一泊で行くことにした。
春の時の記事は、ここここ


夏だし花はあまり期待できないかな・・って思ったけど、思いの外きれいだった。
やっぱり淡路島は花の島だ。


でも、暑いっ!むかっ(怒り)

まあ、真夏なので当然ですが・・・(笑)



出発日は15日とお盆だったので、朝の4時起床で、6時に出発。
途中、ちょっと混んでるところもあったけど、2時間ちょっとで、淡路島の玄関口、淡路サービスエリアに到着。

驚いたのは、まだ朝の8時過ぎだというのに、人で溢れかえっていること。@@
お盆だし、みんな考えることは同じなのね・・・


とりあえず、スタバでかなり並んでコーヒーを買い(スタバで並ぶなんて・・(^^;)しばし休憩・・・


その後、観覧車に乗る。


awajipa.jpg
結構大きいです。
旦那は手すりにしがみついてた。(笑)

この写真はクリックすると大きくなります。



awajipa1.jpg
観覧車の上から見た、淡路サービスエリア
大きいし、まだ新しいみたいできれい。

この写真もクリックすると大きくなります。



awajipa2.jpg
この時はちいと天気が悪いけど、でもいい眺め。

この写真もクリックすると大きくなります。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


さて・・・

お次は、前回も行った、花さじきへ・・・

ほんの数分で到着。


ここは入園料も駐車料金も無料という、まことに太っ腹な施設。(笑)
絶対行くべきですよね。


しかし、難点は、風が強いこと。(^^;
前回は台風並みの風の強さで、その時は特別だと思ったけど・・・

でも今回もそう変わらない風の強さ。(^^;
ここはそういうところみたいです。(^^;

夏だから果たして花が咲いてるのかどうか不明だったけど、そこそこ咲いていた。


hanasajiki.jpg
あまりの風のきつさに、セットも服も乱れております。(笑)

この写真はクリックすると大きくなります。



hanasajiki1.jpg
遠くには海も見えて、ほんときれいなところ。

この写真もクリックすると大きくなります。



hanasajiki2.jpg
展望台から見た花壇。
前回の時はハートだったけど、今回は四つ葉のクローバー。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


さてさて・・・

いよいよお昼ご飯のお店に向けて出発〜〜♪(笑)


一日目のお昼ご飯は、洲本の“松葉寿司”

息子が去年ここで、牛丼とウニ丼と食べておいしかったと言うので、心惹かれた。(笑)

その後口コミを見ると、あまり芳しくなかったけど、食べるのは牛丼と赤ウニ丼。
にぎり寿司を食べるわけではないので、まあいいかと・・・


一番の決めては、立地場所かな?
淡路鳴門自動車道の洲本インターからすぐ。

洲本の街中のお店も候補だったけど、お盆だと道が渋滞するのではないかと心配したので。


ここはHPから予約できるので、予約しておいた。
特に、夏しか食べられたい赤ウニ丼は、何が何でも食べたかったし(笑)、予約が安心。


結果は、予約して大正解だった。
個室を用意してもらえてたし、帰る頃には、待ちのお客さんが多数。(^^;
お金を支払う間だけでも、電話がじゃんじゃんかかってきてた。

予約なしで行ってたら、かなり時間をロスしたことだろう・・



さて・・・

今回は、牛丼と穴子丼のコラボという、牛あな丼(2100円)
夏しか食べられない、淡路島特産の赤ウニ丼(3500円)を、旦那と分け分け。


しかし、前々日だったかな?
大雨だったので穴子がないということで、牛あな丼が牛ハモ丼に変更になっていた。(笑)

私はハモがあまり好きではないのだが、これはめちゃウマ!
びっくりでした。

淡路島で牛丼?って感じだが、淡路牛、玉ねぎ、米と、淡路島の特産を使い、牛丼プロジェクトなるものまである、今や淡路島のソウルフード。
さすがにいいお味。
素材がいいですから。


赤ウニ丼は、みょうばん処理していない、本当の生ウニ。
昔、子どもの頃、ウニの殻からすくって食べたウニと同じ味!

そうそう!ウニってこんな味だったのよ!って思い出し、感動〜〜(*v.v)

牛ハモ丼、ウニ丼に関しては、文句なしにおいしかったです。
旅行中、一番おいしかったかも・・・?


matsubaya.jpg
法事なんかでも使われるみたい。
かなり大きなお店。

この写真はクリックすると大きくなります。



matsubaya0.jpg
予約していたので、個室にご案内〜
くつろげます。(*^^*)

この写真もクリックすると大きくなります。



matsubaya1.jpg
これで3500円は高いかもしれないけど
その価値はあると思う。
一口目はそのままで。
二口目は塩をつけて。
と、言われるままにやってみる。
雑味のない、ウニ本来のお味。

この写真もクリックすると大きくなります。



matsubaya2.jpg
牛ハモ丼。(本来は牛あな丼)
文句なしにおいしいです。

この写真もクリックすると大きくなります。


さて・・・
コーヒー好きのうちの夫婦は、食後はコーヒーを飲まなくては・・・(笑)
次のお店に向けて、出発進行〜♪


                            続く・・・・
posted by レイ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年06月06日

福寿し(ふくずし)(兵庫・淡路島)

先日の続き。


国営明石海峡公園を後にして向かった先は、あわじ花さじき

なんと、駐車料金も入園料も無料。
太っ腹ですね〜
休日だと、すごい人なのでは?


この日、到着したときはまだ人がいたけど、途中からは数組に・・・(笑)
夕方だから人が少ないのかもしれないけど。
とにかくとにかくすごい風。(^^;
そのせいかも?(^^;

台風の中って、きっとこんなんだろうと思う。
子どもだと飛ばされちゃうよぉ。(^^;

もうめちゃ寒いし、風で髪の毛が顔に当たって痛いしで、早々に退散しましたが。(^^;

でも、とてもきれいなところでした。


さて・・・

晩ご飯は、旦那が『せっかく淡路島に行くんだし、お寿司でも食べよう』と言うので、家で調べておいた。

場所的にもちょうどいい、“福寿し”に決定。
(リンク先は食べログのページ)


時間がはっきりしなかったし、観光客もいないし(笑)、だいたい開店時間に行けばだいじょうぶかな・・と、予約無しで行った。
でも予約していないと言うと、店主の人がしばらく考えておられたので、ドキドキした。(^^;

予約した方が確実ですね。
後から来られた方は、予約されてるようだったし。(^^;

でもとにかく無事にカウンターに座れた。
やれやれ・・・


お店は年季の入った感じで、昔ながらのお寿司屋さんといった感じ。
入り口には水槽もある。


口コミにより、本州から来た人は5250円のがおすすめと書いてあったので、それに。
赤だしも1つ注文。
旦那はいらないと言ったので。

でも、1つでよかった。
めっちゃ大きくて、ひとりでは飲みきれない。(^^;
旦那にもあげました。


お好みにぎりならまだしも、盛り合わせたにぎりで5000円って高いな〜って思ったけど、さすがでした。

店主の人が、これは!と思ったネタだけを使ってるんでしょうね。
どれもがおいしい。


それにすごいボリューム。
写真ではわからないかもしれないけど、ひとつが大きい!

口コミで読んでいたので、私は半分に切っておいてもらった。
それで大正解。
大きさも大きいし、ネタは新鮮なので噛みきれないし、そのままだと難儀します。(^^;

とにかくお腹がいっぱいで、私は全部食べきれなかった。(^^;

でもはりこんでお高いのにしてよかったです。
1000円台からあるけど、やっぱり値段相応ですからねぇ・・・
こういう時にはケチってはいけません。(笑)


hukusushi.jpg
年季の入った建物。
口コミでは色々書かれているけど、
一昔前の寿司屋って、みんなこんな感じだったんですよ。

この写真はクリックすると大きくなります。



hukusushi1.jpg
左上のものははりいかで、これか鯛かどちらにします?
と聞かれ、迷わずはりいかに。
今の季節だけがおいしいらしく、ほんと肉厚でプリプリ。
あなごはとろけそう・・

この写真もクリックすると大きくなります。



hukusushi2.jpg
アラは恐らく、カワハギでしょうね。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは、花さじきの写真を。

hanasajiki.jpg
とにかく広大で、きれい。

この写真もクリックすると大きくなります。



hanasajiki1.jpg
やっぱりここも、春が一番きれいなんでしょうね。

この写真もクリックすると大きくなります。



hanasajiki2.jpg
四つ葉のクローバーがかわいいです。

この写真もクリックすると大きくなります。



hanasajiki3.jpg
下ではわからなかったけど、展望台に登ったら、ハートの花壇。
カワイイです。

この写真もクリックすると大きくなります。


余談ですが、明石海峡大橋を渡ったところにある、あわじハイウェイオアシス
淡路SAの向こうになり、行くのがちょっとややこしいけど・・(^^;

でも、オシャレな建物で楽しい。
行きも帰りも行きました。(笑)

散策路や公園にも隣接しているし、ここだけでもかなりの時間遊べそう・・
夜は夜景もきれいです。

おみやげもここで揃います。
posted by レイ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島

2012年06月05日

globe garden nano(グローブ ガーデン ナーノ)・淡路夢舞台店(兵庫・淡路島)

やっと、GWの話題までこぎつけました。(^^;


GWの前半と後半の間の平日。
旦那は休みだけど学校なんかはあるので、まあそんなに混まないだろうと思い、淡路島にドライブに行くことにした。


いろいろ調べ、ランチのお店も予約したのだが、あいにくの雨・・(^^;
どうしようか、出発するまで悩んだけど、まあ濡れないところに行けばいいかな・・と、予定どおり行くことにした。


でも、ほんと行ってよかったです。

日頃の行いがいいせいか(?)お昼ご飯を食べて、温室を見ていたら、雨もやんできた。
天気が悪いせいで人もほんと少なかったし、きれいな景色を独り占め♪

淡路島って、なんか遠いってイメージだったけど、2時間くらいで行けるし、思ったよりずっと近かった。


前に行ったのは、子どもがまだ小さい頃。
その時からは見所も増えてるし、正直言って、こんなにきれいなところだとは思わなかった。

旦那もすごく気に入っちゃって、また行こうと申しております。(*^^*)
後で紹介しますね。



さて・・・

お昼ご飯はどうするかいろいろ調べた結果、ホテルのバイキングはイマイチな様子だし、コース料理はお高いし・・・

ということで、比較的評判のよかった、ここ“globe garden nano(グローブ ガーデン ナーノ)・淡路夢舞台店”へ・・


水曜日が定休日ということだけど、連休中だし開いているかも?と思い電話したらやっぱり営業するようで、ついでに予約もしておいた。
でも、必要なかったけど。(笑)
天気が悪いせいで、淡路島自体、ほとんど人がいなかったし。(^^;

でも、休日は混むみたいだから、予約が無難ですね。
ただ、席数はかなりあります。


ここは、淡路夢舞台の中にあるレストラン。

夢舞台とは、安藤忠雄氏設計の国際会議場やホテル、温室やレストラン。
隣接する国営明石海峡公園など、十分一日中遊べる、とてもきれいなところ。

言わば観光施設でもあるんだけど、その中にあるレストランにしては、とてもよかった。


まず、リゾート地っぽくてオシャレ。
晴だったら、テラスに行くつもりだったんだけどなぁ・・・(^^;

で、お味もおいしい!
ちょっとビックリ。
本店は神戸にあるイタリアンらしく、本格的。

お値段は普通だけど、観光地としてはいい方かな?


空いていることもあるだろうけど、常に気を配ってくれて、お水も頻繁に入れに来てくれる。
気持ちのいいお店です。


ランチコースだとお安いけど、やっぱり好きなものを食べたいので、アラカルトで。
全部で5000円ほどのお支払い。


次に行くとき、違うお店も行ってみたいけど、でもいいところがなかったら、またここにするかも・・?(笑)



gurobu.jpg
夢舞台の一階になる。
3000円以上の飲食で、駐車料金が無料になる。
駐車券を忘れず持参しましょう。

この写真はクリックすると大きくなります。



gurobu0.jpg
広くて明るくて、ステキな店内。

この写真もクリックすると大きくなります。



gurobu01.jpg
なんかオシャレで、テーマパークのレストランみたい。(*^^*)

この写真もクリックすると大きくなります。



gurobu2.jpg
海の幸のサラダ。
おぉ〜おいしい〜

この写真もクリックすると大きくなります。



gurobu1.jpg
スップリ(ライスコロッケ)は、旦那のお気に入り。

この写真もクリックすると大きくなります。



gurobu3.jpg
ワタリガニのパスタ。
もちろんおいしい!
カニも結構食べるところがある。

この写真もクリックすると大きくなります。



gurobu4.jpg
淡路玉ねぎのピザ。
ここのはもっちりタイプなので、お腹が膨れる。(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは観光の写真を。

onsitsu.jpg
奇跡の星の植物館という名前の温室。
かなりのスケールで、見応えあり。
必見です。

この写真もクリックすると大きくなります。


onasitsu1.jpg
どこもかしこもお花がいっぱい。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashi.jpg
そうこうしているうちに雨もやんできたので
国営明石海峡公園へ。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashi1.jpg
明石と言えば、タコ?(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



akashi2.jpg
火の鳥。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashi3.jpg
雨の後だから、花がしぼんでいたけど
それでもきれい。

この写真もクリックすると大きくなります。



akashi4.jpg
おぉ〜〜
この美しい景色を独り占め!

この写真もクリックすると大きくなります。



akashi5.jpg
いたるところに花が植えてあって、とってもきれい。
やっぱり春が一番いいんでしょうね。

この写真もクリックすると大きくなります。


この後は夢舞台のカフェでお茶を飲んだりして、次の観光地に向かいます。


                                   続く・・・・
posted by レイ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫・淡路島