2017年05月06日

よしの庵(東吉野村)


街中の桜がすっかり散ってしまった4月22日。
前から行きたかった高見の郷に行ってきた。

HPを毎日チェックして、見頃をずっと待っていた。
で、天気と自分の都合がついたのが土曜日だったんだけど、まあしゃーない・・気合いを入れて行ってきた。(笑)

いやはや、行って良かったです。
ものすごくきれいだった〜

土曜日だし混むのはわかっていたので、現地に9時前に到着するように、がんばって出発した。

手前で案内のおじさんが立っているところを曲がって、第3駐車場に車を置いて、バスで送ってもらう。

結局は、これが一番安全・安心でよかったんではないかな・・・?
途中、路駐している人もいたけど。(^^;
駐車場もバスも無料なのでありがたいです。

でも帰りはお昼ご飯の予約には早すぎたので、歩いたんですけどね。
現地の人に聞くと30分くらいって言われたので歩いたんだけど、結局はもっとかかって、焦りましたわ。(苦笑)


さてさて、ここでも軽食は食べられるんだけど、味は期待できない。
なので調べてみると、いいところを発見!

“よしの庵”

なんと、土日祝日のみの営業。

初めはオープン直後に行くか・・なんて考えていたんだけど、口コミを見てみると、そんな甘いことを言ってたのでは蕎麦にありつけないっぽいぞ。(^^;

ものすごい田舎だし、周りにお店ってないから、ここに集中するんでしょうね・・

初めは行く日の朝に電話しようかとも考えたんだけど、前日にお掃除に来られているかもしれないな・・と思い、ダメ元で電話してみる。

すると、出てこられました!!

もうすでに予約がいっぱい入っているみたいで、『早い目にオープンするので、11:15だと、お席に案内できると思います』というお答え。

基本はお蕎麦のみの予約で、席は予約できないらしい。
でも高見の桜のお客で混むのは予測できるので、お店側としても、席の割り当てを考えておきたいんでしょうね。


当日・・・
駐車場まで歩いたせいで11:15に迫ってきて、めっちゃ焦りました。(^^;

でも無事、ぎりぎりセーフ。(^^;


お店は古民家を再生したそうで、雰囲気あって、とってもステキ。

席は少なく、広々としている空間で、ほっこりくつろげる。

セットメニューもあるけど、天ぷらつきの盛りそば(1400円)にする。
天ぷらもおいしいし、お蕎麦もおいしかったです。

何より、くつろげる雰囲気が最高だった。(*^^*)



IMG_3639.jpg
りっぱな古民家。



P1010695.jpg
古い雰囲気を残しつつ、オシャレにリノベーション。



P1010689.jpg
個室っぽい席があったので、そこにする。
落ち着く〜



IMG_3641.jpg
お塩で食べる天ぷらもおいしい!



IMG_3642.jpg
そば粉1キログラムに100グラムのつなぎを入れる、外一蕎麦。
おいしいです。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


高見の郷の桜も紹介。


IMG_3626.jpg
がんばって、展望台まで上ると、この眺め!



P1010618.jpg
一目千本とはこのこと。
吉野に行かなくてもいいやん。(笑)



IMG_3632.jpg
下に降りて、桜を間近で楽しみます。
『あっちに行こう〜』



P1010653.jpg
その先には屋台。(笑)
コーヒーを買って休憩。



IMG_3638.jpg
途中でお弁当を買ってきてもいいかも。



posted by レイ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2013年10月24日

手打ち蕎麦 ふじい

またまた、間が空いてしまいました。(^^;


実はここ、“ふじい”は、通りすがりで行ったお店。
(リンク先は食べログのページ)

いつも行く某蕎麦屋へ行ったら、駐車場が空いてなくて・・(^^;
で、違うところに行こうと車を走らせていたら、途中で偶然見つけた、“手打ち蕎麦”の看板。

空いてそうだったので、あわててハンドルを切って、無事、店の前に駐車完了。(笑)

通りすがりにしては、いいお店を見つけました。


店内はカウンター席と、個室っぽいテーブル席。


メニューの選択肢は結構あって、私は天然エビの天ぷらつきのざる。(1500円弱?)
旦那は蕎麦3種の食べ比べセット。(1300円くらい?)

お蕎麦もなかなかおいしくて、また行こうと思います。


hujii.jpg
車は店の前に、数台置ける。
表が個性的。

この写真はクリックすると大きくなります。



hujii1.jpg
蕎麦の揚げたものをつまみなが待ちます。

この写真もクリックすると大きくなります。



hujii2.jpg
3種食べ比べ。
この量が3回きます。
蕎麦好きの人におすすめ。

この写真もクリックすると大きくなります。



hujii3.jpg
天然エビの天ぷらつき。
エビは頭ごと、がぶっと行きます。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



posted by レイ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2012年12月16日

侘助(わびすけ)(吉野・黒滝)

11月の初旬だが、吉野にでもドライブに行こうということになった。

紅葉には少し早いけど、道の駅『吉野路黒滝』で、秋の大収穫祭というイベントをやるのを知って、行きたくなったので。
後で紹介しますね。


さて・・・

肝心のお昼ご飯は食べログで調べ、近くの手打ち蕎麦の“侘助(わびすけ)”に・・
(リンク先は食べログのページ)

念のため、前日に予約しておいた。
でも、それで大正解。

なんと、開店と同時に、“本日は終了”の札が・・・(^^;
予約分で終わったらしい。(^^;

周りには何もないところだし、行こうと思われるときには、予約をしていきましょう。


ここは、山の中にポツンとあるお蕎麦やさん。

お店の前には川が流れ、風情ある佇まい。
なんか、プチ旅行に来たような感じを味わえる。


メニューは、ふたりだとざるそば(850円)のみ。
(十穀ご飯やそばがきはあり)
4人〜6人だと、予約でセットメニューも味わえる。(ただし、2時から)

ざるそばと言っても、蕎麦豆腐や蕎麦ぼうろもついていて、楽しい。


予約の際に量を聞かれたので、ざるそば(850円)2つと、追加ざる(650円)をひとつを注文。
追加ざるは旦那の為だったんだけど、おいしかったのでつい私もいただいた。(笑)
その前に、道の駅で、いろいろ食べたんですけどね〜(笑)


ご夫婦でされていて、感じのいいお店。
店主の方は、いろいろ話しかけてくださって、蕎麦を愛されているのがわかる。

温かい雰囲気にも触れられる、こちらのお店。
旦那も私もと〜っても気に入ったので、吉野に行く際には、また行きたいと思います。


wabisuke.jpg
山間のお店。

この写真はクリックすると大きくなります。



wabisuke0.jpg
お店の前は美しい景色。

この写真もクリックすると大きくなります。



wabisuke00.jpg
中は、大きなテーブルと囲炉裏だけ。
雰囲気あります。

この写真もクリックすると大きくなります。



wabisuke1.jpg
十割蕎麦でおいしい。
蕎麦ぼうろもおいしかったので購入。

この写真もクリックすると大きくなります。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ここからは、先に行った、道の駅『吉野路黒滝』の秋の収穫祭の様子を・・

kurotaki.jpg
新世界の串カツが出張してきていた。(笑)
すごい人気!
おばあちゃんたちは、お昼ご飯用かな?
山のように買ってるので、なかなか順番が回ってこない。(苦笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



kurotaki1.jpg
しし肉と鹿肉、1本ずつを購入。
1本150円。

この写真もクリックすると大きくなります。



kurotaki3.jpg
もちろん、黒滝の名物、こんにゃくも購入。
おいしいです。
値段は忘れちゃったけど、1本100円?

この写真もクリックすると大きくなります。



kurotaki4.jpg
旦那があまごの塩焼きも食べたいと言うので購入。
1本500円。
身はピンク色でおいしい。
しかし、これから蕎麦屋に行くというのに、お腹がいっぱいじゃー。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



kurotaki2.jpg
通天閣の親指姫と言われている歌手も登場。(笑)
肝心の歌は・・・ノーコメント。(^^;

この写真もクリックすると大きくなります。



kurotaki5.jpg
我らが奈良のアイドル、せんとくんも来ています。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



kurotaki6.jpg
この辺りは寒いのか、紅葉も始まっています。

この写真もクリックすると大きくなります。



monburan.jpg
帰りに買った、吉野の“ラ・ペッシュ”のモンブラン。
これがもう、最高においしい!
評判どおりだった。
栗クリームがあっさりで、大きいけど余裕で食べられる。
これを買いに行く目的だけでも、吉野に行きたい。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2011年11月15日

蕎麦切り よしむら

私の実家は唐招提寺の向こうの住宅地で、それこそ、唐招提寺の前は1000回以上通っているに違いない。

なのに、唐招提寺の中は入ったことがないのです。(^^;
えぇ〜〜!?っとみんなに言われるけど・・・(^^;
まあ、近すぎるとそんなものです。(苦笑)


唐招提寺の前の道は通っていても、そこから西の京に行く筋は、近年通っていなかったので、ここ“蕎麦切り よしむら”のことは、食べログで初めて知った。
(リンク先は食べログのページ)

こんな近くにあるんだったら、一度は行かねば・・!って感じで、さっそく行ってみた。


いやぁ・・・
観光地にあるから、正直、あまり期待はしていなかったんだけど、おいしいです。
これだったら、また行きたい。


お店はまだ新しい感じできれい。
駐車場も店の前にあるから便利。


お蕎麦は細めでコシがある。
でも硬すぎずちょうどいい感じ。


旦那はとにかく蕎麦がいっぱい食べたいということで、ざる(900円)と追いざる(500円)で。(大盛りはない)
追いざるは、産地の違う蕎麦にしてくれる。

私はかきあげざる蕎麦(1350円)で。
かきあげは2つついているので、ひとつは旦那にプレゼント。
この日はカロリー控えめにしたかったので。(笑)

かきあげは予想よりもうーんとおいしかった。
最後までパリパリ。
お店のおすすめなだけある。
次回もぜひ、かきあげを注文したいです。


yoshimura.jpg
お店の人は手が空くと、駐車場まで出て
お客さんを迎えられる。
接客も気持ちのいいお店。

この写真はクリックすると大きくなります。



yoshimura0.jpg
口コミを読むと、やはり観光シーズンは混むみたいなので
早い時間の来店が正解ですね。
(遅いと売り切れる場合もあるみたい)

この写真もクリックすると大きくなります。



yoshimura1'.jpg
ざるそば。
細めの麺でおいしい。
薬味のネギが驚異的な細かさ。

この写真もクリックすると大きくなります。



yoshimura2.jpg
かきあげはゴボウも入っていて
とにかくパリパリ。
食感がすごくいい。

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2011年07月15日

蕎麦処 賢(けん)(大和郡山)

近くにこんなお店があるなんて、知らなかったな〜
“蕎麦処 賢(けん)”

普通の民家みたいな雰囲気だし、車を運転していると気がつかない。(^^;

食べログ.comで近くでいいお店はないか探していて発見!
ほんと、食べログさまさまでございます。(笑)


しかし、このお店。
なかなかの人気店らしく、私たちが行ったときにも先客がいたし、その後もお客が・・・
近所の人でしょうかね。


お店はカウンターだけで、少々狭い。(^^;
でもお味はなかなかのもの。
天ぷらもカラッと揚がっていて美味。


今回、どうしようか迷ったんだけど、旦那が食べてやるというので、賢そばコース(2000円)に。
蕎麦ぜんざいに惹かれました。(笑)

旦那は天もり蕎麦(1300円)で。


ken.jpg
店の裏に駐車場がある。

この写真はクリックすると大きくなります。



ken1.jpg
賢そばコースのそばかりんとう。
よくある、油で揚げた蕎麦ですね。



ken2.jpg
賢そばコースの先付け。

この写真はクリックすると大きくなります。



ken3.jpg
賢そばコースのサラダそば。(ハーフサイズ)
これがなかなかの美味。
ラーメンサラダがあるんだから、
蕎麦サラダがあってもおかしくないわけで、これはいけます。
蕎麦の実かな?
プチプチしたものが利いている。

この写真もクリックすると大きくなります。



ken4.jpg
賢そばコースのてんぷら。
カラッと揚がってておいしい。
特大海老のコースもあるらしく(後で発見!)
今度はそれを食べてみたい。(笑)

この写真もクリックすると大きくなります。



ken7.jpg
賢そばコースの盛りそば。
さっきサラダそばがあったので、これはハーフサイズ。
お蕎麦もなかなかおいしい。

この写真もクリックすると大きくなります。



ken6.jpg
蕎麦がきぜんざい。
蕎麦がきがもちもちしてておいしい〜

この写真もクリックすると大きくなります。



ken5.jpg
天盛りそば。

この写真もクリックすると大きくなります。
posted by レイ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2009年11月20日

かえる庵

前から一度行ってみようと思っていた、“かえる庵”に行ってきた。
(リンク先は奈良っこ-グルメのページ)


外から見たところは小さなお店のようだが、実際は、結構広い。


具のあるお蕎麦はなくて、ほんとにお蕎麦だけ。(笑)
それだけ、蕎麦に自信を持っておられるということでしょう。

私は蕎麦通ではないので、よくはわからないけど、普通においしかった。
ただ、蕎麦通でないので、具が欲しいかも・・・(^^;


旦那は大盛り、私は普通盛り。
足りない場合は、柿の葉寿司やいなり寿司、十五穀粥を追加する。

私たちは柿の葉寿司を頼んで、一つずつした。
普通盛りの私は、それでもちょい、物足りなかった。(笑)
まあ、ダイエットにはそれでよろし。(笑)


kaeru.jpg
三条通りから路地を入っていったところ。


kaeru0.jpg
店内は、外からのイメージと、ちょっと違った。
結構広い。


kaeru1.jpg
もり蕎麦(800円)柿の葉寿司(300円)
ちなみに、もり蕎麦大は(1100円)
posted by レイ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2009年06月22日

ゆるり

ここ、“ゆるり”のことは前から知っていたが、今回初めて行ってみた。
(リンク先は、Yahooグルメのページ)

西大寺の奈良ファミリーの近くにある。
雑居ビルの奥に隠れていて、知らないとわかりにくいかな・・(^^;


ここは街のおそば屋さんといった雰囲気。
わざわざここを目指していくところではないかもしれないけど、奈良ファで買い物の途中、ここで昼食・・というのにはいいかも・・?

おもしろかったのは、天ざるが2種類あること。
ひとつはエビが2本(私はコレ)、もうひとつはエビは1本で野菜が多め(旦那はコレ)。

エビ好きの私としたら信じられないことなんだけど(笑)、世間にはエビの天ぷらがあまり好きではない人が結構おられるみたいで(実家の母もそう)、そういう人にはありがたいだろうなと思う。


お味は、天ぷらやお蕎麦はおいしかった。
天ぷらの揚げ方も上手。

でも正直言うと、出汁がイマイチかなぁ・・・(^^;
私はそう感じたが、でも食べログ.comの口コミを見ていると、出汁も絶賛している人がおられたので、まあ、好みかも・・ですね。



yururi.jpg
こんなところにこんなお店があったんだ・・!と、
驚いてしまう。(笑)


yururi1.jpg
天ざる。
1400円だったかな・・?


ゆるり (そば / 大和西大寺、平城)
★★★☆☆ 3.5


posted by レイ at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2009年06月05日

そば楽

ここ、“そば楽”は、実は家から近い。
(リンク先は、Yahooグルメのページ)

なのに今まで行かなかった理由は、日曜日が定休日だということと、駐車場がないように書いてあったので。

でも調べてみたら、駅から歩いても15分ほどだし、散歩がてらに歩いてもいいや・・と思い、電話してみた。

すると、駐車場もあるとのこと。
最近できたのかな・・・?

とにかく予約して行ってみた。

自宅を改装されたお店で、年配のご夫婦がされている。
お味もとてもおいしかったし、たまたまその時は貸し切り状態だったので、ゆっくりと食事ができた。
近くなので、また行きたいと思う。


sobaraku.jpg
大きい通りから入っていくので
ちょっとわかりにくいかも・・(^^;


sobaraku0.jpg
自宅を改装したお店。


sobaraku1.jpg
サービスの蕎麦の揚げたもの。
これで2人分。


sobaraku2.jpg
旦那は大盛りで。


sobaraku3.jpg
それと、桜エビの天ぷら。
味見してみたら、サクサク。


sobaraku4.jpg
私は桜エビ天おろしそばで。
おろしが辛いけど、おいしい〜〜
まあおろしは、辛いのがポイントなんでしょうけど。


sobaraku5.jpg
そば団子が食べたかったので注文。
おいしいけど、でも300円は
ちと高いかなぁ・・・


金額は忘れてしまったけど、恐らく全部で3000円ちょっと。

駐車場は少し離れているしわかりにくいので、電話してお聞きくださいね。
posted by レイ at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2009年03月22日

山帰来(さんきらい)

三度目の正直・・という言葉がある。

まさしくここ“山帰来(さんきらい)”は、三度目の正直で、やっと行けたお店。(笑)
(リンク先は食べログ.comのページ)

一度目は開店直後の時間に行ったにもかかわらず、門のところまで長蛇の列。(^^;
並ぶのが嫌いなうちの夫婦は、もちろん諦めた。(^^;

二回目は休日だったのにもかかわらず、お休み。(^^;
臨時休業だったのかな?

旦那は『このお店には縁がないんや』と言うが、私は2度も振られると、何が何でも行きたい。(笑)
なのでこの日は、出かける前に電話して確かめた。

電話で『11:30からです』と言われたので、そのつもりだったが・・・

ついたのは11:40くらいだったと思う。
なのにすでに満席。
ひぇ〜〜(^^;

でも『一組がもうすぐ帰られますから』と言われたので、外の椅子で待つことに・・・

注文してから出てくる時間などを考えると、その帰られた一組は、どう考えても開店時間以前に入ってるとしか思えない。(笑)
恐らくだけど、開店前に並ばれたら、早くてもお店を開けられるのかもね。


ここは年配の夫婦がされてるお店。
だから・・ということもないが、とにかく時間がかかる。

でも奥さんが悪がって何回も謝られるので、もちろん気分は害さない。(笑)
でも、時間に余裕のない人は、やめておいた方がいいかもしれない。

あと、蕎麦がなくなったら閉店。
だから、開店直後に行くのが正解でしょう。
場所が明日香なので、特に観光シーズンは、開店前に並んでおいた方がいいかも・・?


蕎麦は細く、とても好み。
それに蕎麦以外のものもあって、蕎麦通でない私には魅力的なお店。

よく紹介されているのは桜エビの天ぷらが載ったお蕎麦で、私もそれに。
おいしかったので、オススメです。


sankirai.jpg
飛鳥寺の真ん前。
普通の民家なので、見過ごさないように。


sankirai1.jpg
私が頼んだ、桜エビの天ぷら蕎麦の中食(だっけ?)
セットだとデザートがつくが、
これだとその代わりに椀ものが・・・
そばがきを揚げたものが種でかなりおいしい。
1400円だったと思う。


sankirai2.jpg
旦那は鴨ロースのセットにしたのだが
想像と違ってしまった。(^^;
たぶん、1500円。


sankirai3.jpg
あすかルビーのサービス。


posted by レイ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2009年01月18日

三たて蕎麦 春知

ここ、“三たて蕎麦 春知”は有名なお店で、いつか行こうと思っていたが、やっと行ってきた。

というのは、生駒方面はまだ未開拓の地なので(もちろん私が)地理もよくわかっていないし、どうも足が遠のく。(^^;

でもよさそうなお店が結構あるので、これから順にチャレンジしてみたい。


三たて蕎麦というのは、“挽きたて”“打ちたて”“ゆがきたて”ですよね?きっと。

手打ち蕎麦のお店というのは、かなりこだわりを持った人が多いように思うが、このお店も例外ではない。

まず、お店の外観やインテリアからして、かなりのこだわり人だということがわかる。
どうも店主の人は大工仕事が趣味らしく、このお店の改装も、ご自分でされたそうな・・・

肝心のお料理については、もちろん、単品のお蕎麦もあるが、蕎麦会席というのが珍しいので、それを予約しておいた。(予約で売り切れることもあるらしい)

蕎麦を使った料理がいろいろ出てきて、しかもなかなかおいしくしてある。

蕎麦やさんだから、お蕎麦がおいしいのは当たり前だが、これだけの料理を作れるというのはなかなかのもの。
この蕎麦会席は、かなりお勧め。


お店は暗峠の方で、初めて行った人は、ビックリされると思う。
私は奈良の人間なので、この辺りがどんなところか知っているのだが、それでもちょっとビックリ。(笑)

とにかくすごい坂で、しかも狭い道を上っていく。
前から車が来ないか、ドキドキものだ。(笑)

蕎麦会席は2種類あるが、電話で確かめると、高い方は豆乳鍋がついているということで、旦那はそういうものが嫌いなので、お安い方の1600円で。
これでも十分です。


shunchi.jpg
ん・・・何々?
ここはお蕎麦やさんよねぇ?(笑)

駐車場に突然現れる、不思議な小屋。
恐らく、店主の人の自作の小屋。

shunchi0.jpg
壁には一面に、カエルの絵が・・・
鳥獣戯画を思い出した。(笑)

shunchi01.jpg
古民家を改装。
掘りごたつ風になっていて、ホットカーペットが・・

shunchi1.jpg
蕎麦せんべい?

shunchi2.jpg
蕎麦ワインか、ノンアルコールかを聞かれ
運転手の私は、もちろんノンアルコール。
ゆずのジュース?
これはちょっと薄すぎるのでは・・?(^^;

shunchi3.jpg
前菜は、どれにも蕎麦が使ってある。
お刺身サラダにも、蕎麦ドレッシングが・・・
どれもおいしくしてある。

shunchi4.jpg
蕎麦がきの白味噌仕立て。
お餅のようでおいしい。

shunchi5.jpg
お蕎麦。
もちろんおいしい。

shunchi6.jpg
デザートまでついてる。
posted by レイ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2008年11月17日

大喜多(おおきた)

ここ“大喜多”は、奈良公園の近くで、観光のついでに寄るのにもいいお店だ。
(リンク先は、Yahooグルメのページ)

奈良公園もだいぶ色づいてきたらしいし、散策するついでに行こうと思った。

でもその時は正倉院展の開催中だったし、きっと混むだろうと思って、開店前に着いた。
ちょっと早いので、まわりをぐるっと遠回りしてきたら、なんとすでに満席!!Σ( ̄ロ ̄lll) 

めちゃショックです・・・(^^;

外からはわからなかったが、席数はあまりない。
10席ほどだっただろうか・・・
なので、グループで来られると、すぐに満席。(^^;

でもまあ、おそば屋さんなので、回転は悪くないですが。

旦那は天ぷらざる。
私は、鴨そばを食べた。

両方同じ値段で、たぶん1300円くらい。
(違ってたらごめんなさい)

鴨そばというのは、他のお店ではあまり見ないメニューなので、頼んでみた。
結果は大正解。

蕎麦はざるで、温かいネギと鴨の入ったおだしにつける。
私は、かけ蕎麦はあまり好きではないが、これだとざるで、しかも温かい。
これからの季節には最適なメニューだ。


ookita.jpg
近くに駐車場もある。

ookita1.jpg
旦那が頼んだ天ぷら。
先に、塩をつけてつまんでいると、
蕎麦が出てくる。

ookita2.jpg
私が頼んだ鴨そば。
鴨のいいだしが出て、とてもおいしい。
posted by レイ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2008年10月06日

蕎麦・菜食 一如庵(いちにょあん)

ここ“一如庵”は、風流という言葉がぴったりなお店。
(リンク先は、eoグルメのページ)

車で宇陀の辺りを走っていると、こんな田舎に・・って思う場所に、突然現れる。
最近、こういうお店が結構ある。
田舎と蕎麦って合うのかしらね。

古い民家をそのまま上手に使ってある。
それに、メニューも蕎麦だけではなく、一の膳だと山の幸を上手に料理したものがいくつかついてきて、楽しい。

今回はもちろん、一の膳(1600円程度)で。

実は前にも行こうと思って電話したら、予約でいっぱいだと断られた。(^^;
この日はたまたま、朝からの予約でだいじょうぶだったけど、観光シーズンだったら、それ以前に予約した方が確実かも・・?


ichinyoan.jpg
ほんとの田舎に、
ここだけポツンとあるので驚く。

ichinyoan0.jpg
縁側の席に通された。
個室感覚で、大変よかった。
初秋の風が心地よい。

ichinyoan2.jpg
蕎麦のせんべい?
左のはお茶。

ichinyoan1.jpg
きのこのすだち和え。
すだちをぎゅっと絞って食べる。
香りがいい〜

ichinyoan3.jpg
生麩の揚げたものや、湯葉のつくだに、
きのこの和え物。
真ん中の稲穂は揚げてあって、これも食べれる。
驚き!

ichinyoan4.jpg
お待ちかね、お蕎麦。
おいしい。

ichinyoan5.jpg
もちもちの玄米ご飯。


田舎という場所。
風流なお店の雰囲気。
そしてお料理が、もうピッタリマッチ。
違う季節に、また行ってみたいですね。
posted by レイ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2008年09月23日

手打ちそば まほろば

実はこの日、違う蕎麦やさんへいくつもりだった。
1回目は長蛇の列で諦め、今度こそ!と勇んでいったのに、なんと、臨時休業。(U_U)。。。

で、もしかのために持って行った奈良麺通88選というガイドブックで、比較的近くの、ここ、まほろばに行くことに・・・

手打ちそば まほろば
桜井市脇本735-13
(TEL)0744-44-2269
11:30〜14:30
17:00〜19:30(要確認?)
場所は、ここ。

でもおかげで、おもしろいお店に行くことができた。
ほんとに普通の民家で、よそのお宅でごちそうになってるような感じ。

蕎麦だけでなく、+αされたメニューが多く、どれにしようかほんと迷ってしまう。(^^;
で、悩んだ結果、天むすセットにした。
石臼手挽き蕎麦(+300円)にして、1300円くらいだったと思う。


mahoroba.jpg
住宅地の中。

mahoroba0.jpg
中も普通の民家って雰囲気。

mahoroba1.jpg
お蕎麦はちょっと柔らかめ。
もう少し固い方が好みかなぁ・・

mahoroba2.jpg
天むす。
握りたてでおいしい。
posted by レイ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2008年06月25日

かおく

天理街道にある、この“かおく”の前を通る度、いつか行こうと思っていたが、やっと行ってきた。(笑)
(リンク先は食べログ.comのページ。場所などはここで確認してください。)

この日は、大神神社(おおみわじんじゃ)に、ささゆりを見に行こうと思い、その途中に寄った。
大神神社は、要するに三輪神社。
正式な名前はそう言うらしい。

蕎麦打ちの好きな男性って、多いのかしらね。
最近、蕎麦打ちを勉強して、自宅で開店・・というケースがとても多いように思う。

ここも、天ぷらはなし。
やっぱり、天ぷらって難しいのかしらね。
主婦を何十年やってる私でも、やっぱり天ぷらは難しいから。(^^;


kaoku.jpg
ほんとに普通の民家。

kaoku0.jpg
でも、廊下なんかピカピカで
とってもきれい。

kaoku1.jpg
蕎麦の揚げたものがつく。
こういうサービスはうれしい。

kaoku2.jpg
私は、山かけ蕎麦で。
1000円くらいだったと思う。
おいしい。

特徴は蕎麦湯で、ものすごく濃厚。
蕎麦はご覧の通りお皿なので、
別に蕎麦ちょことおだしを持ってきてくれる。

****************************************

ここからは、オマケ。
大神神社のささゆりを。
ほんのりピンク色でかわいい。
yuri.jpg
posted by レイ at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2008年06月16日

吉庵(きっしょうあん)

ここ、“吉庵”は、浄瑠璃寺のすぐそばにある。
(リンク先は、まっぷるnetのページ。場所などはここで確認してください。)

このお店は、前に本で読んで気になっており、浄瑠璃寺のある当尾(とうの)に行こうということになって、すぐにここに決定。(笑)
余談だが、当尾はちょっと人里離れていて雰囲気あるし、その割に遠くないしで、結構人気のあるエリアだ。

このお店の店主の人は陶芸家らしく、器も雰囲気も、どこか普通の蕎麦屋とは違う。
風情がある・・とでもいうのだろうか。
“風流”という言葉は、このお店のためにあるのかも・・


kishoan.jpg
お店の人は風流人ってことが
すぐにわかる。

kisyoan1.jpg
私は、山かけで(1000円くらい)
とろろ芋の粘りがすごい。

kisyoan1.jpg

旦那が頼んだ桜エビの天ぷら。
味見してみたが(笑)、さくさくでおいしい。

*******************************************

ここからはオマケ。

touno2.jpg
浄瑠璃寺は、なかなか雰囲気のいいお寺だ。

touno.jpg
徒歩でしか行けないが
石仏巡りも、なかなかおもしろい。
posted by レイ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2008年06月01日

稜(そば)

記事が前後したが、先日紹介した中将餅と同じ日に行ったお店。

ここ、“稜(そば)”は、當麻寺(たいまでら)の山門にあるお店。
(リンク先は、あまから手帖のページ)

當麻寺に行こうと思い立ち、食べるところを検索していて、ここを知った。

ここは、ほんとに蕎麦で勝負するお店らしい。
具があるメニューは、おろしと山かけのみ。
なので少食の私だが、大盛りにすることに。(笑)

大盛りで、1杯1500円だったかな・・・?

蕎麦は硬め。
特徴は蕎麦湯で、ものすごく濃厚だった。

お味はもちろんおいしかったが、やっぱり私は天ぷらが欲しいな・・
蕎麦通ではないので。


soba.jpg
雰囲気のあるお店。
店主の人が、とても礼儀正しい。

soba2.jpg
私が頼んだ、せいろ。
これで大盛りだが、十分食べられる、(笑)

soba1.jpg
旦那は挽きぐるみの、田舎で。

*******************************************

ここからはオマケ。

當麻寺は牡丹が有名だが、もう時期が遅かった。
その代わり、近くの石光寺では、シャクヤクが満開だった。

shakuyaku.jpg
posted by レイ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2007年06月09日

手打ち蕎麦 はやし

今日紹介する“手打ち蕎麦 はやし”は、“馬見丘陵公園”に、菖蒲を見に行こうと思い、その前に寄るお店を探して、初めて行ったお店だ。

ここは、とてもメニューが豊富。
しかも、ありきたりではない。
創作蕎麦や蕎麦ピザ、お菓子まである。
でも不思議なことに、天ぷらがない。(^^;
天ぷらを使ったお蕎麦というのは、とてもポピュラーだと思うので、ちょっと不思議な感じがした。

何を食べるかとても迷ったが、どうしても蕎麦粉を使ったお菓子が食べたくて(笑)、うまみ御前(1575円)にした。


hayashi.jpg
マンションの1階。
できてまだ6年だそうで新しい雰囲気。
店内はジャズが流れるが、
最近はそういうお店が多いように思う。

hayashi1.jpg
黒米と椎茸蕎麦味噌。
この椎茸蕎麦味噌が、絶品!
これで一杯やったら、最高やろな〜なんて・・(笑)
黒米は、メニューになかったからサービスか?

hayashi2.jpg
蕎麦は田舎かせいろを選べる。
私は、せいろで。
2段あるので、結構な量。

hayashi3.jpg
お抹茶とお菓子。
お腹がいっぱいで、
全部食べきれなかった。(^^;
どれもおいしいが、
特にまが玉の形のクッキーが
ホロホロとくずれるようでおいしい。(*^^*)


奥さんは愛想よく、アルバイトの若い子もきびきび働いて、気持ちのいいお店。
その日は蕎麦ぜんざいのサービスがあるとのことだったが、お腹がいっぱいでいただけなかったのが残念・・・(^^;
うちからは遠いが、また行きたいなと思った。
posted by レイ at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2007年05月26日

よし川

今日紹介する、“よし川”は、奈良の“依水園”の近くである。
(リンク先は、グルメぴあのページ)

“依水園”は、きれいなお庭で、結構穴場。
奈良の人にもおすすめです。


yoshikawa.jpg
田舎作りのお店。

yoshikawa1.jpg
お店の人は、陶芸の趣味があるらしい。

yoshikawa2.jpg
私が注文した、えび天おろし蕎麦。
1000円ちょっとだったと思う。
あっさりしてておいしい。


“依水園”に行かれる際には、ここで腹ごしらえ・・というのがいいと思います。
posted by レイ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2007年04月19日

手打蕎麦処 和

今日紹介する“和”は、実は奈良で一番好きなお蕎麦やさんだ。
(リンク先は、奈良っこグルメのページ)

何がいいかというと、ズバリ、味。
細めのお蕎麦は、いつ食べても、ほんとおいしい。

いつも2〜3種類の蕎麦(産地)があり、選べる。
大盛りを頼むとそのうちから2種類にしてくれる。
私は普通盛り、旦那は大盛りを頼むのだが、それだと、3種類にしてくれて、分け合っていろんな味が楽しめる。


kazu.jpg
普通の民家を改装してあるのだと思う。

kazu1.jpg
店内は、ジャズが流れる。

kazu4.jpg
サービスでつく、蕎麦のスナック(?)(笑)
蕎麦を揚げて、塩をふってあるだけだが
これが、後を引くおいしさ。

kazu2.jpg
細めで固すぎず、しかもコシがある。
ここの蕎麦は、とても評判が高い。

kazu3.jpg
私は必ず、天ぷらのざる。
天ぷらもとても上手に揚がっている。


ここは、天ぷらもとてもおいしいので、天ざるがお勧め。
一度夜に行きたいと思っているのだが、なかなか行けない。(^^;
行ったときには、絶対レポートします。
posted by レイ at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2007年02月24日

さか本

今日、紹介するさか本は、実は初めていったお店。
奈良女子大学の裏門のところにある。
実は私は、奈良女子大の付属小学校に通っていた。
その頃は、小学校が大学の構内にあり、この裏門から通学していた。
なので、この辺りは、非常に非常〜に懐かしいところ。(笑)


“さか本”
奈良市坊屋敷町36-2
(TEL)0742-26-1086
第2第4日曜休み
11:00~15:30
金・土は~19:30

場所はこちら→

私が食べたのは、二色盛り。(800円)
ひとつは更科で、もうひとつは季節によって違う変わり蕎麦。
今月はゆずで、とてもいい香りだった。
長野で修行されたらしく、本格的な蕎麦処。
ここは、また行く予定。


お店の入り口。

sakamoto.jpg
2つの味が味わえて、とてもいい。
サービスで、蕎麦寿司かご飯がつく。

sakamoto1.jpg
天ぷら盛り合わせ。(550円くらいだったと思う)
posted by レイ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2006年09月10日

百夜月(ももやづき)

ここ、“百夜月”は、よく利用させてもらっている、“奈良グルメ図鑑”さんで、知ったお店。
今回、初めて行ってみた。
ここは、本格的な、自家製粉の手打ち蕎麦やさんなので、具のあるお蕎麦は少ない。
で、蕎麦は固め。
近鉄奈良駅の、すぐ近くです。


momoya.jpg
開放的な雰囲気のお店。

momoya1.jpg
私が注文した、ぶっかけ蕎麦。
季節によって、具が変わるようである。
この時は、水ナスを揚げて、つゆに浸したもの。
値段は忘れてしまったが、1200円程度だったと思う。
posted by レイ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦