2017年06月04日

酒菜工房 だい(富山市)

〜富山へ小旅行1日目  Part2〜

GW前、砺波のチューリップを見に行ってきた。
今回は時間を追っての旅行記形式にします。
もちろん、食べ歩き中心です。(笑)


間が空いてしまいました。(^^;

先日の続き。

砺波から富山までは車で1時間ほど。

だけど、北陸道に乗るまでちいと迷っちゃって、正しい時間はわかりません。(^^;
あと、富山市内も、少し混んでたかな・・・
渋滞というほどではありませんが。


今日のお宿は、口コミの評価がよかった、天然温泉 富山 剱の湯 御宿 野乃 にした。
(楽天トラベルで予約)

大きな道に面しているので、わかりやすい。

駐車場はなく、隣のビルの駐車場に入れる。
駐車券をフロントに持って行くと、一泊1080円。
普通で入れるより安いらしい。

ホテルに関しては、また後日書くことにして・・


到着したら、まずはお約束の温泉♪
小さいけど、気持ちいい。

その後、早い目に、夕ご飯に出発〜

今日の晩ご飯は、“酒菜工房 だい”
(リンク先は食べログのページ)

居酒屋探訪の某おじさまが行かれた居酒屋もいいかな・・って思ったんだけど、口コミなどを検討した結果、結局ここにした。

天気の都合で旅行自体を変更したので、予約変更は無理かな・・って思ったんだけど、無事予約できました!
これが休日だと無理なんでしょうね。

ここまでどう行くか検討したんだけど、結局、富山城趾を散策しながら、歩いて行くことに・・



IMG_3753.jpg
富山城趾。



IMG_3755.jpg
中はきれいな公園になっている。



IMG_3762.jpg
橋にはステンドグラスが・・・



IMG_3763.jpg
お店は駅から近い。



IMG_3766.jpg
小上がりやテーブルもあるけど、私たちは二人なのでカウンター。



IMG_3764.jpg
まずはお約束の生ビール。(笑)



IMG_3765.jpg
つきだしはガス海老の唐揚げ。
カリカリ。



IMG_3768.jpg
富山の宝石。
白エビの桜香り仕立て。
この時期、富山に行くなら絶対食べたい白エビ。
しかし、ちと期待しすぎちゃいましたかね・・(^^;
桜の葉の香りはいいけど、白エビ自体は味がない。(^^;



IMG_3769.jpg
お刺身盛り合わせ(2人分)
これは文句なくおいしい。
やっぱり富山に来たら、お刺身ですね。



IMG_3771.jpg
のどぐろの塩焼き。
うーん・・・
これも期待し過ぎちゃいました。(^^;
もちろん、おいしくないわけじゃないんだけど
値段(3000円台)からすると、どうかなぁ・・・
普通かな?



IMG_3772.jpg
ガス海老の七輪焼き。
焼き具合がわからなかったので訪ねたら
焼きすぎくらいまで焼くらしい。
香りがいい〜〜



IMG_3773.jpg
クリームコロッケ。
おいしいです。



IMG_3774.jpg
だし巻き卵のカニあんかけ。
想像と違いました!(笑)
豪華すぎる!(笑)
私的にこの日のNo.1。
すっごくおいしかったです。



IMG_3775.jpg
旦那はガラスケースに入っているタコが気になるようで
そのまま以外でどんな料理がある?と店主の人に質問して
作ってもらった一品。
タコを七輪でさっと焼き、酒盗を塗って食べる。
お酒に合いそう〜
旦那は下戸なのでもったいないけど、喜んでた。



IMG_3776.jpg
漬け物盛り合わせ。
おいしい。



IMG_3777.jpg
お腹いっぱいでも、やっぱり〆は外せません。
ふきのとう味噌を塗った焼きおにぎり。
ふきのとう味噌のおいしさは最近知ったんだけど、香りが良くて大好き。


全部で13000円台だったと思う。

もちろんおいしかったけど、ここは日本酒が好きな人だと、もっと楽しめたでしょうね。
基本、日本酒に合う料理だと思う。

でも、旦那が飲んでた、自家製ジンジャーエールもおいしそうだった。
お値段、高かったけど。(苦笑)


さて・・・

帰りは路面電車に乗って帰るつもりだったんだけど、えらいこっちゃ!!

1万円札しかないやん・・(>_<)
仕方ないので、痛い足を引きずり引きずり、歩いてホテルまで帰りましたとさ。


つづく・・・


posted by レイ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 富山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179748766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック